静岡県 下田市

静岡県 下田市しずおかけん しもだし

  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。
下田市

下田市について下田市公式サイト

下田市は、一年を通じて温暖で、四季折々の花を育み、白く輝く砂浜とキラキラ光る青い海、緑萌える山々のコントラストが美しい街です。1854年に米国ペリー提督率いる黒船艦隊が下田港に停泊し、わが国最初の開港の場所となり、歴史的遺産も数多く残されております。
豊富な湯量を誇る温泉や、豊かな自然の恵みを満喫できる山海の幸、様々な魅力があふれる「ふるさと下田」を応援寄附を通じて皆様にお伝えしていきます。

注意事項

年末年始期間中の返礼品の配送対応についてのお知らせ

いつもお世話になっております。
下田市ふるさと納税サポート室と申します。

年末年始期間中の返礼品の配送についてのお知らせです。
2022年12月24日(土)から1月3日(火)までの間、返礼品の出荷を停止させていただき、2023年1月4日(水)から再開する予定です。

最終出荷:2022年12月23日(金)
出荷再開:2023年1月4日(水)

※受注生産の返礼品や多くのお申込をいただいている返礼品については配送が遅れる場合もございますので予めご了承ください。
※返礼品の受取日のご指定は承ることができませんのでご了承ください。

お手数をおかけしますが、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

静岡県 下田市のFacebookページをフォローする

自治体への応援メッセージ

静岡県 下田市|人気の返礼品

静岡県 下田市|おすすめの返礼品

“下田市”における
ふるさと納税の使い道

寄付金は以下のような事業に使用します。

(1) 社会福祉に関する事業

ともに支え合い,生きがいを持って生活できる環境を目指し,市民の社会福祉活動を推進し,社会福祉事業の充実のため活用させていただきます。

(2) 教育の振興に関する事業

学校教育の充実を図り,教育環境の整備を推進するとともに郷土に愛着と誇りを持ち,将来の下田を担う人材の育成のため活用させていただきます。

(3) 就学奨励に関する事業

下田市の中学校卒業者で高等学校に進学が決定した者のうち,品行方正,学習意欲旺盛であるが学資の支弁が困難であると認めたものへの就学奨励金として活用させていただきます。

(4) 子育て支援に関する事業

子どもの心身の健全な育成及びその環境整備を推進するため子育て支援に関する事業に活用させていただきます。

(5) 景観を活かしたまちづくりに関する事業

自然、歴史、文化、人の暮らしなどの市民が誇る未来に残したい「下田まち遺産」を活かし、美しく魅力あるまちづくり事業に活用させていただきます。

(6) 水道水源地域の振興及び環境保全に関する事業

稲生沢川上流の上水道水源地域の振興及び環境保全のため活用させていただきます。

(7) 防災対策の推進に関する事業

防災対策の推進に関する市の事業に活用させていただきます。

(8)魅力ある海づくりの推進に関する事業

魅力ある海づくりの推進に関する市の事業に活用させていただきます。

(9) その他市長がふるさと応援寄附金の充当が必要と認める事業

使途の限定がないものとし,市の事業に活用させていただきます。

ふるさと納税についてのお問い合わせ

対応窓口
静岡県下田市 企画課
電話番号
0558-22-2212
メール
kikaku@city.shimoda.shizuoka.jp(担当 企画課)

東急ストーリー 東急グループと“下田市”の関わりについて

静岡県下田市東急ストーリー

1956年2月、東京急行電鉄は伊豆観光開発構想の実現に向けて伊東ー下田を走る鉄道事業を申請しました。下田にとっても悲願だった鉄道事業は“第2の黒船の到来”と称され、市民が「伊東・下田鉄道敷設促進下田同盟会」を結成し、市を挙げての一大プロジェクトとして大きな話題となりました。
そして伊豆急行の前身である「伊東下田電気鉄道株式会社」が設立され、31か所にものぼる隧道工事や困難な用地買収等にもかかわらず、2年を要せず竣工し、1961年12月10日に開通を迎えることとなりました。
下田には伊豆急行線の終着駅があるだけでなく下田東急ホテルやホテル伊豆急、寝姿山ロープウエイがあるなど、東急グループは現在も下田の観光に様々な形で深く関わり、まちを盛り上げるお手伝いをしています。