人気の返礼品ランキング|総合

人気の返礼品ランキング|東急オリジナル

人気の返礼品ランキング|肉

人気の返礼品ランキング|米・パン

人気の返礼品ランキング|果物類

人気の返礼品ランキング|魚介類・海産物

人気の返礼品ランキング|野菜類

人気の返礼品ランキング|卵

人気の返礼品ランキング|お酒・アルコール

人気の返礼品ランキング|飲料類

人気の返礼品ランキング|菓子

人気の返礼品ランキング|調味料・加工食品

人気の返礼品ランキング|麺類

人気の返礼品ランキング|旅行・体験

人気の返礼品ランキング|雑貨・日用品

人気の返礼品ランキング|その他

カテゴリーを選択する

カテゴリーから返礼品を探す

金額から返礼品を探す

東急オリジナル返礼品

東急グループと自治体が共同開発したこだわりの返礼品

東急オリジナル神奈川県 相模原市西武20000系(池袋線・20103編成・登場時)10両編成セット(動力付き)

池袋線に導入された当時の20000系10両編成を製品化

西武20000系は、従来の主力車両101系の後継車として1999(平成11)年から製造された20m4扉アルミ車体の通勤型車両です。自社線内専用車として前面貫通扉がなく、大型1枚ガラスを採用するなどの特徴があります。
6000系6050番台車と同様のアルミ車体ながら、新しい車体構造を採用したことにより、製造工数の削減・低コスト化・車体強度の向上などが図られています。
2005(平成17)年度までに140両余りが製造され、10両編成と8両編成で活躍しています。

■西武20000系20103編成を登場時の姿にて鉄道模型(Nゲージ)として製品化
■シンボルマーク貼付け前・種別行先表示器が3色LEDの姿を再現

■SS150台車を新規製作
■車両番号は印刷済み
■ステッカー(新規製作)が付属。種別行先表示、優先席、弱冷房車、車椅子マークを収録
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、ベンチレーターはユーザー取付け
■ラジオアンテナ、避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト、前面種別行先表示(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■車端部付きロングシートパーツを実装

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

前回製品<30969>・<30970>との違い
■登場時の姿を再現
■車両番号の変更
■新規製作のステッカーが付属
■車端部付きロングシートパーツを実装
■台車はSS150を実装

西武鉄道株式会社商品化許諾申請中

162,000円

東急オリジナル神奈川県 相模原市小田急8000形(8065編成)+クヤ31形 5両編成セット(動力付き)

「テクノインスペクター」を連結した5両編成

小田急8000形は、小田急線地上専用車として1982(昭和57)年から1987(昭和62)年にかけて製造された20m4扉の車両で、各駅停車から快速急行まで使用できる汎用車両です。
2002(平成14)年から更新工事が行なわれ、行先表示機のLED化、前面通過表示灯撤去、側面行先表示機の形状変更、車側灯・尾灯がLED化されました。また、2003(平成15)年以降はVVVFインバータ制御方式への改造も進められ、更新時期により細かな仕様違いが見られます。
クヤ31形は、軌道・架線を総合検測するための専用車両で、検測用のパンタグラフ・台車を装備し、検測車対応編成と組んで活躍しています。対応編成であった1000形の廃車に伴い、新たに8065編成と8066編成が検測車対応編成となりました。

■小田急8000形更新車+クヤ31形の検測列車を鉄道模型(Nゲージ)として製品化
■新たにクヤ31形の前面検測表示が点灯

■車両番号、ブランドマーク、テクノインスペクターロゴは印刷済み
■ステッカー(新規製作)が付属。種別行先表示、優先席、号車表示、車椅子・ベビーカーマークを収録
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面渡り板、手すりはユーザー取付け
■信号炎管、避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(電球色)、テールライト、前面種別・行先表示(白色)が点灯
■中間に入る先頭車(クハ8165)のライトは非点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■車端部付きロングシートパーツを実装

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

前回製品<50714>との違い
■クヤ31形の前面検測表示が点灯
■8000形の車両番号を変更
■新規製作のステッカーが付属

小田急電鉄商品化許諾申請中

99,000円

東急オリジナル神奈川県 相模原市小田急1000形(赤・車番選択式)4両編成セット(動力付き)

行先表示点灯の赤い1000形が再登場

小田急1000形は1988(昭和63)年に初のステンレス車体やVVVF制御を採用し登場した車両です。
小田原線をはじめ江ノ島線・多摩線へと幅広く運用されており、かつては地下鉄乗入れの直通運転にも充当されていました。4両・6両・8両・10両編成とバラエティに富んだ編成があり、4両・6両編成は他形式と連結した運用も行なわれています。 また近年では4両・10両編成でリニューアル車両も登場しています。
4両編成の1058編成〜1061編成は、箱根登山鉄道1000形・2000形と同色のスイス・レーティッシュ鉄道カラーを纏ってお り、主に小田原〜箱根湯本間の箱根登山線で活躍をしました。

■箱根登山線で活躍した1000形スイス・レーティッシュ鉄道カラーを鉄道模型(Nゲージ)として製品化
■前面種別行先表示は点灯式、車両番号は付属の車両マークからお好みの番号が選択可能

■ブランドマークは印刷済み
■車両番号は付属車両マーク(新規製作)からの転写式
■種別・行先表示、優先席(窓・車体)、号車表示は付属ステッカー(新規製作)からの貼付式
■列車無線アンテナ、ヒューズボックス、前面手すりはユーザー取付け
■ヘッドライト(電球色)、テールライト(赤色)、前面種別・行先表示(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■車端部付きロングシートパーツを実装

※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。


前回製品<No.30431>との違い
■前面種別行先表示が点灯のライトユニットを採用
■車両番号は付属車両マークからの選択式
■新規製作のステッカーが付属
■車端部付きロングシートパーツを実装

小田急電鉄商品化許諾済

98,000円

実施中の特集・キャンペーン

東急グループが厳選した返礼品をご紹介

注目の自治体

北海道 奥尻町

ほっかいどう おくしりちょう

 奥尻島は北海道の南西部、日本海に浮かぶ離島です。 北海道内では利尻島に次ぐ面積を誇り、島の周囲は84㎞に及びます。 まちの主な産業は、漁業と観光で、夏の観光シーズンになると新鮮な魚介類や奥尻ブルーと言われる海や豊かな自然は、訪れる多くの観光客の心を癒します。  近年は少子高齢化や漁獲量の減少による産業の衰退など、多くの課題が山積していますが、皆様から寄せられた『ふるさと納税』制度によるご寄附を様々な事業に活用させていただいております。  皆様の『ふるさと』を想うお気持ちが奥尻町の未来を拓く大切な支えとなりますので、多くの方のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

ふるさと納税について知る

ふるさとパレット公式ブログ

お知らせ

重要
重要【重要】サイトメンテナンスのお知らせ
【和歌山県美浜町】寄付受付一時停止のご案内
重要
重要【重要】サイトメンテナンスのお知らせ
ふるさとパレットに北海道奥尻町が参加しました
重要
重要【重要】サイトメンテナンスのお知らせ
重要
重要【重要】ふるさとパレット利用規約の一部改定のご案内

最新の返礼品レビュー

使い切りサイズ

  • kazさん|女性|40代|神奈川県
  • 投稿日:2024/02/26

4

少しだけ苦味も感じる、好きなタイプのオリーブオイルでした。サラダ、ソテー、トースト、アイスなど、その時の気分で色んな種類のオイルを少しずつ使うため、使い切りやすいサイズなのがお気に入りです。

もっと見る

綺麗です

  • あんこさん|女性|50代|東京都
  • 投稿日:2024/02/22

5

いくつかのアレンジメントと迷い「マイスター制作」に期待してこちらを選び届くのを待ちました。小ぶりの物を想像していたら思っていた以上にボリュームがあり、色々な種類の綺麗なお花で可愛く丁寧に作られていました。娘の誕生日にと供えたアレンジメントは在りし日の可愛らしさを思い出しました。配送途中に倒れたのかかなり水浸しでしたが、そのマイナスも超える満足度です。

もっと見る

ふるさとパレットから情報を受け取る

Facebookで情報を受け取る

Facebookで情報を受け取る

Twitterで情報を受け取る