ID:099H855
  • 099H855 国産!うなぎ白醤油焼き5尾 せいろ蒸し備長炭仕上げ
寄付金額
35,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
入金確認後、30日以内に発送予定
※品質保持のため、宅配ボックスへの配達やご要望はお受けできません。
配送
  • 冷凍

返礼品情報

国産の活けうなぎを備長炭で焼き上げ、せいろ蒸しで最適の脂の乗りにし、秘伝の白醤油で焼き上げました。外は備長炭で焼き上げた焦げ目でパリパり、中はふっくらに仕上がり、白醤油と鰻のコンビネーションが、食通の口を唸らせる一品です!ワサビ等を直接つけて頂くと美味しいです!

活けうなぎ(国産)、白醤油、赤酒、みりん、昆布、鰹節
加工地:泉佐野市

内容
ウナギ(頭付・腹開き):約160g×5尾 
※画像はイメージです。
提供元
KG株式会社
期限
発送日から30日間

この返礼品を提供する自治体

大阪府 泉佐野市

おおさかふ いずみさのし

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあるまちです。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。
名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。
昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。
平成6年9月に開港した関空によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。