ID:輪島
  • 輪島 海からのフィナンシェ(2箱セット)
  • 輪島 海からのフィナンシェ(2箱セット)
寄付金額
5,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

配送
  • 常温

返礼品情報

自然豊かな能登半島の輪島で、素材にこだわりひとつひとつ丁寧に焼き上げています。低温でゆっくりと結晶化させた舳倉島の天然塩は食材そのものが持つ「うま味」を、最大限に引き出します。アーモンドと焦がしバター風味のやさしい味わいのフィナンシェをお届けします。甘さ控えめでお子様から大人まで幅広い年齢層に味わっていただけます。
輪島市の障害者施設利用者が焼き上げから包装まで一つ一つ丁寧に仕上げた、新たな輪島スイーツです。
※H28石川県優良観光土産品推奨品に認定されました。
?
原材料名:卵、砂糖、バター、植物油脂、小麦粉、アーモンドプードル、蜂蜜、食塩(舳倉島産)、膨張剤

※寄附金額変更しました(H30年3月19日)

内容
フィナンシェ:1箱5個入り×2(箱サイズ:約18.8cm×約10.7cm×約3.7cm)
提供元
一互一笑

この返礼品を提供する自治体

石川県 輪島市

いしかわけん わじまし

能登半島の北西にある輪島市は、豊かな緑と海に囲まれた人口約3万人の町です。鎌倉時代の半ば、1321年に曹洞宗の初祖「道元禅師」から四代目にあたる「瑩山(けいざん)禅師」により「總持寺」が開かれ、江戸中期(1680年代)~明治30年代には、大坂(大阪)と蝦夷地を結ぶ日本海航路に就航した廻船「北前船」の親の湊と呼ばれ海上交通の要衝として栄えました。日本が世界に誇る伝統工芸「輪島塗」は江戸時代前期の寛文年間(1661年~1673年)に現在のような技術が確立され、陸路での行商や北前船の海運の利を活かして盛んになりました。
また、「平家にあらずんば人にあらず」で知られる武将・平大納言時忠の子と呼ばれる平時国の末裔が江戸時代に28年の歳月をかけて建造した上時国家住宅は国指定重要文化財(建造物)に指定されています。
現在、「漆の里」「禅の里」「平家の里」の3つの里構想を中心に、市の魅力を発信しています。