ID:r39303700836
  • 【四国一小さなまちのアイス屋さん】 ≪2022年2月発送開始≫  ★松崎冷菓の大容量アイス★〈定期便:6ヶ月〉(2月~7月)
  • 【四国一小さなまちのアイス屋さん】 ≪2022年2月発送開始≫  ★松崎冷菓の大容量アイス★〈定期便:6ヶ月〉(2月~7月)
寄付金額
80,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

申込期日
2022年02月13日(日)まで
発送期日
受付期間:令和4年2月13日(日)まで
お届け予定:ご入金確認後、令和4年2月~令和4年7月の毎月1回(中旬頃)の計6回お届けいたします。
配送
  • 冷凍

返礼品情報

松崎冷菓は、田野町の小さなアイスクリーム屋です。
昭和12年からずっと、室戸岬へと向かう海辺のまちで太平洋を眺めながら、自分たちが本当においしいと思うアイス、食べたいと思うアイスを作ってきました。

松崎冷菓の大容量アイスの6ヶ月定期便です。令和4年2月~令和4年7月の毎月1回(中旬頃)の計6回お届けいたします。


【2月】いちごミルクアイス (4000ml)×1個
高知県産の生苺を自社工場で加工し、ミルクアイスにブレンドしました。
いちご果肉のつぶつぶ感も味わえるミルクアイスです。
着色をしていない自然ないちご色のアイスクリームです。


【3月】チョコアイス(4000ml)×1個
添加物は何も加えず仕上げたバニラベースに、厳選したココアパウダーを使用したチョコアイスです。
子供から大人まで、幅広い層に親しまれる味です。


【4月】抹茶アイス(4000ml)×1個
高知県のお茶屋さんが、松崎冷菓のバニラアイスに合う抹茶を独自にブレンド。
貴重な手臼引きの抹茶を使用しています。手間がかかりますが風味がとても良いです。


【5月】小倉バニラアイス(4000ml)×1個
自家製あんと自然派バニラを混ぜ合わせた和風アイスクリームです。
牛乳本来の素朴なやさしい味のバニラに、自社工場で豆から炊き上げた粒あんをまぜた和風のアイスです。


【6月】アイスクリン(4000ml)×1個
土佐の名物アイスクリン。昔ながらの懐かしい味わいで幅広い層に大人気です。
さっぱりとしていて、バニラでもなく氷でもないシャリシャリっとした食感のアイスクリン。
松崎冷菓のアイスクリンは海洋深層水仕込みでコクを引き立てています。バナナ風味の懐かしい土佐のアイスクリンです。


【7月】うみのバニラアイス (4000ml)×1個
日本でも数少ないあの田野屋塩二郎が製造する完全天日塩で作る塩バニラアイス。
「田野屋塩二郎」の塩は味わい深い海そのものの塩です。
ミネラル豊富な室戸海洋深層水をバニラアイスにブレンドしています。



【商品の大きさ (容器1個あたり)】縦27cm×横17cm×高さ16cm


※原材料は別途商品ラベルに記載。
※写真はイメージです。

製造元:有限会社 松崎冷菓工業

内容
【2月】いちごミルクアイス (4000ml)×1個
【3月】チョコアイス(4000ml)×1個
【4月】抹茶アイス(4000ml)×1個
【5月】小倉バニラアイス(4000ml)×1個
【6月】アイスクリン(4000ml)×1個
【7月】うみのバニラアイス (4000ml)×1個
提供元
有限会社松崎冷菓工業
期限
別途商品ラベルに記載
注意事項/その他

※商品コード: T-0974

この返礼品を提供する自治体

高知県 田野町

こうちけん たのちょう

~ 四国一小さくて、魅力がぎゅっとつまったまち ~

 田野町は、高知県東部に位置し、青い空、海・川・緑、鮮やかな山野、温暖で豊かな自然に恵まれた、四国一面積(6.53㎢)の小さな田園の町です。
 
 江戸時代は、安芸郡奉行所が設置されるとともに、藩校田野学館が併設され、安芸郡における政治・経済・文化の中心地として栄えておりました。大正9年(1920年)には町制を敷き、令和2(2020年)年に町制施行100周年を迎えました。
 
 本町の魅力でもある豊かな自然環境を活かした稲作やナスなどのハウス園芸といった農業が盛んで、地酒の醸造なども活発に行われており、町の中心部には、生活に必要な量販店や金融機関、公共施設、医療機関、交通機関など、様々な機能が集積し、コンパクトで住みやすい、田舎ならではの「暮らしやすさ」も魅力のひとつとなっています。
 
 また、ライオン宰相で知られる「濱口雄幸」や幕末の志士「清岡道之助」、藩主が参勤交代や東部巡の時の本陣として使用していた岡御殿など、偉人たちの史跡や文化が今もなお数多く残っています。
 
 山・川・海の豊かな自然に囲まれた環境と、総面積6.53㎢のコンパクトなまちの特性を生かし、皆が安心・安全に暮らし、いきいきと仕事ができる生活環境を整備し、誰もが「訪れてみたい」、「住んでみたい」、「住み続けたい」と思えるような日本一魅力のあるまち、生涯を通じて幸せを感じてもらえる町を目指し、誠心誠意取り組んでおります。

 そんな ~四国一小さなまち『田野町』~ を応援していただけますと幸いです。