ID:030D066
  • 030D066 焼肉屋が作る牛肉の総菜7種盛りセット
  • 030D066 焼肉屋が作る牛肉の総菜7種盛りセット
  • 030D066 焼肉屋が作る牛肉の総菜7種盛りセット
  • 030D066 焼肉屋が作る牛肉の総菜7種盛りセット
  • 030D066 焼肉屋が作る牛肉の総菜7種盛りセット
  • 030D066 焼肉屋が作る牛肉の総菜7種盛りセット
寄付金額
30,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
ご入金確認後、60日以内に発送予定
※品質保持のため、宅配ボックスへの配達やご要望はお受けできません。
配送
  • 冷凍

返礼品情報

焼肉専門店オリジナルの総菜7種盛り合わせです。牛肉の細胞内に働きかける方法で熟成させ、柔らかさと旨みがアップした上質の熟成肉を、たっぷりと使用した大人気の牛肉総菜シリーズです。袋のまま湯煎するだけで簡単に美味しく召し上がれます(メンチカツは油で揚げて下さい)。自家製デミグラスソースと牛タンを圧力鍋でじっくり煮込んだとろけるような「牛タンシチュー」他6品。

■焼肉屋が作った「和牛ミートソース」
牛肉 ※熟成地:泉佐野市、デミグラスソース(国内製造)、トマト、玉葱、ケチャップ、オリーブ油、豆板醤、にんにく、コンソメ、食塩、砂糖、コショウ/香辛料抽出物、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル色素)、酸味料(クエン酸)、(一部に小麦・乳成分・牛肉・鶏肉・大豆・ゼラチンを含む)

■焼肉屋が作った「牛すじもつ煮込み」
牛すじ(国産)※熟成地:泉佐野市、牛もつ、こんにゃく、わりした(醤油、酒、醗酵調味料、砂糖、たまり醤油、水飴、かきエキス、食塩、野菜エキス、昆布エキス)、コチュジャン、にんにく、唐辛子/着色料(カラメル色素)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、甘味料(甘草)、(一部に小麦・牛肉・大豆を含む)

■焼肉屋が作った「牛すじ煮込み」
牛すじ(国産)※熟成地:泉佐野市、わりした(醤油、酒、醗酵調味料、砂糖、たまり醤油、水飴、かきエキス、食塩、野菜エキス、昆布エキス)、こんにゃく、にんにく、コチュジャン/着色料(カラメル色素)、調味料(アミノ酸等)、酒精、甘味料(甘草)、酸味料、(一部に小麦・牛肉・大豆を含む)

■焼肉屋が作った「牛タンシチュー」
牛タン(アメリカ産又は国産)※牛タンの熟成地:泉佐野市
デミグラスソース、果実酒、乳等を主原料とする食品、玉葱、香辛料/調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル色素)、酸化防止剤、増粘多糖類、(一部に小麦・乳成分・牛肉・豚肉・大豆・ゼラチンを含む)

■ミンチカツ
牛肉(国産)※熟成地:泉佐野市、玉葱、バッターミックス、パン粉、鶏卵、大豆たんぱく、コーンスターチ、食塩、砂糖、オイスターソース、チキンエキス、生姜、にんにく、コショウ/増粘多糖類、着色料(クチナシ色素)、イーストフード、V.C、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(一部に卵・乳成分・小麦・牛肉・大豆・鶏肉を含む)

■焼肉屋が作った「和牛ハンバーグ」
牛肉(国産)※熟成地:泉佐野市、玉葱、鶏卵、パン粉、ケチャップ、コーンスターチ、オイスターソース、にんにく、醤油、コンソメ、コショウ、ナツメグ/着色料(カラメル色素)、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤、増粘多糖類、香辛料抽出物、酸味料、(一部に卵・小麦・牛肉・大豆を含む)

■ビーフシチュー
牛肉(国産)※熟成地:泉佐野市、デミグラスソース、ポルチーニ茸、果実酒、ビーフエキス、バター、黒トリュフペースト/着色料(カラメル色素)、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、酸味料、香料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・豚肉・大豆・鶏肉・ゼラチンを含む)※本製品の製造工場では小麦・乳・卵・エビを含む製品を製造しております。

内容
■焼肉屋が作った「和牛ミートソース」180g×2袋
■焼肉屋が作った「牛すじもつ煮込み」220g×2袋
■焼肉屋が作った「牛すじ煮込み」220g×2袋
■焼肉屋が作った「牛タンシチュー」240g×2袋
■ミンチカツ 1個70g×10個(1パック)
■焼肉屋が作った「和牛ハンバーグ」1個150g×5個(1パック)
■ビーフシチュー240g×2袋
※画像はイメージです。
提供元
いちよしエンタープライズ(株)
期限
発送日から90日間

この返礼品を提供する自治体

大阪府 泉佐野市

おおさかふ いずみさのし

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあるまちです。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。
名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。
昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。
平成6年9月に開港した関空によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。