ID:K163
  • ウージ染めシルクシフォンショール
  • ウージ染めシルクシフォンショール
  • ウージ染めシルクシフォンショール
  • ウージ染めシルクシフォンショール
  • ウージ染めシルクシフォンショール
  • ウージ染めシルクシフォンショール
寄付金額
19,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
準備が整い次第発送致します。
決済方法
クレジットカード
配送
  • 常温

返礼品情報

やわらかなシルクシフォン100%素材のショールをさとうきびの葉で染めてみました。

輪ゴムや紐を使っての絞り染めです。
絞り柄には、それぞれ趣があり、手仕事ならではの面白みが味わえます。

シルクシフォン素材のショールはふんわりと軽く、ウージ色の中に絞り模様があちこち顔を出し、巻き方ひとつでショールの表情が毎回変わってきます。その日の気分でお楽しみください。

一枚一枚が手作業での染め物ですので、それぞれが異なる雰囲気の絞り柄になっております。
その中から厳選して一枚お客様へお送り致します。

どのようなウージの色見や絞り柄になるかは、お手元に届くまでのお楽しみですよ(^^♪

※モニター環境によって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。
※染色の段階で多少の縮みがありますので、お届けする商品のサイズが若干違う場合がございます。
 予めご了承ください。



※ウージ染めとはさとうきびを利用した染め物、織物のことをいいます。

染色には、さとうきびの葉と穂の部分を用い、染液につける時間や、 葉を刈り取る季節によっても少しづつ色が変化し、若草色や萌葱色などの グリーン系から黄金色などの落ち着いたイエロー系まで実に様々な色を楽しむことができます。

また、葉の青々とした夏の時期には黄色が強くなり冬には渋みがかった色に染まります。

ウージの自然な風合いと優しいやすらぎの色が特徴の染物、織物製品です。

製造地:豊見城市

◆お礼の品問い合わせ先◆豊見城市ウージ染め協同組合(TEL:098-850-8454)

内容
■手染め(サトウキビの葉で染めています。)
■組成:日本製シルク 100%
■サイズ:長さ155cm×巾44cm前後

■絞り染めショール × 1枚

※お客様のモニター環境によって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。
※染色の段階で多少の縮みがありますので、お届けする商品のサイズが若干違う場合がございます。
 予めご了承ください。
提供元
豊見城市ウージ染め協同組合

この返礼品を提供する自治体

沖縄県 豊見城市

おきなわけん とみぐすくし

【豊見城市より寄付受付一時停止のご案内】

日頃より豊見城市にご支援を賜り誠に有難うございます。
この度豊見城市では、お礼の品のリニューアルを実施いたします。
リニューアル作業に伴い、2024/6/17(月)17:00~6/30(日)までの期間、寄附受付と商品交換を停止させていただきます。
再開は7/1(月)を予定しております。

大変ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【豊見城市より、寄附金額等の改定のお知らせ】
豊見城市では、国のふるさと納税制度に関するルール改正に伴いまして、10月1日より、一部の寄附金額の値上げ、または内容量の変更をさせていただきます。
今後もふるさと納税制度の趣旨に則り、ルールを遵守した適正な事業運営を行って参りますので、変わらぬご支援をいただきますようどうぞよろしくお願い申し上げます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 豊見城市は、県都那覇市に隣接したベッドタウンとして人口が増加しており、那覇空港から車で約15分、高速インターチェンジも多く中北部へのアクセスにも優れています。東洋経済新報社が実施する成長力ランキングでは2年連続全国1位となり、今もなお発展し続けています。
 また、多くの渡り鳥が飛来する干潟やラムサール条約に登録された湿地などの自然が残っていて、沖縄戦の事実を今に伝える貴重な戦跡である旧海軍司令部壕があり、沖縄ハーリー発祥の地、ジョン万次郎ゆかりの地として伝承される歴史と文化にあふれる街です。
 ビニールハウス栽培を中心とした都市近郊型の農業が盛んでマンゴーやトマトが栽培されており、平成12年に県内で初めてマンゴー拠点産地の認定を受け豊見城産マンゴーのブランド確立と普及を目的に「マンゴーの里」を宣言。マンゴー産地として南国リゾート沖縄の「豊見城産マンゴー」を全国へ発信します。