ID:099H658
  • 099H658 防災備蓄セット3日分(吉野家缶飯・ルヴァン保存缶・羊羹・防災トイレ・防災タオル)
  • 099H658 防災備蓄セット3日分(吉野家缶飯・ルヴァン保存缶・羊羹・防災トイレ・防災タオル)
  • 099H658 防災備蓄セット3日分(吉野家缶飯・ルヴァン保存缶・羊羹・防災トイレ・防災タオル)
寄付金額
25,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
入金確認後30日以内に発送予定
配送
  • 常温

返礼品情報

いざと言う時に備えての防災備蓄セット3日分。
高機能玄米と吉野家牛丼が合体したご飯缶詰「缶飯」、ヤマザキビスケット「ルヴァン プライム保存缶」、栄養価の高い山崎パン「羊羹」、日本の技術が生んだ抗菌性凝固剤を使った「緊急用トイレ」、多機能な「防災タオル」と各家庭・職場に必須のアイテムです。

〇防炎タオル:綿100%、製造地:泉佐野市

〇災害用簡易トイレ、製造地:泉佐野市

◯吉野家 6種6缶 メーカー : 吉野家
原材料 : 牛丼具(タレ(砂糖。醤油、粉末醤油、ワイン、食塩、醤油加工品、生姜、オニオンエキス、にんにく、ホワイトペッパー)、牛肉(米国又はカナダ又は豪州(5%未満)、玉ねぎ(国産又は米国))、玄米(国産金のいぶき)/酒精、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、(一部に小麦・牛肉・大豆・りんごを含む) 牛焼肉丼具(タレ(醤油、砂糖、みりん、醸造酢、酵母エキス、ごま油、りんご果汁、にんにくペースト、昆布エキス、食塩、いりごま、香辛料)、牛肉(米国)、玉ねぎ(国産))、玄米(国産金のいぶき)/増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、カラメル色素、(一部に小麦・ごま・大豆・りんご・牛肉を含む) 豚丼具(タレ(ぶどう発酵調味料、醤油、砂糖、醤油加工品、食塩、オニオンエキス、ジンジャーパウダー、ジンジャーペースト、ポークエキス、昆布エキス、牛脂)、豚肉(EU又はカナダ)、玉ねぎ(国産又は米国))、玄米(国産金のいぶき)/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、(一部に小麦・豚肉・牛肉・大豆・りんごを含む) 豚生姜焼丼具(タレ(おろし生姜、還元水飴、醤油、糖類(水飴、異性化液糖)、米発酵調味料、りんご果汁、味噌、おろしにんにく、醸造酢、醤油加工品)、豚肉(EU産)、玉ねぎ(国産))、玄米(国産金のいぶき)/カラメル色素、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸)、pH調整剤、(一部に小麦・豚肉・大豆・りんごを含む) 焼鶏丼具(タレ(醤油、みりん、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、醸造酢、発酵調味料、食塩、豆板醤)、鶏肉(ブラジル))、玄米(国産金のいぶき)/加工澱粉、増粘剤(加工澱粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸)、pH調整剤、カラメル色素、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む) 玄米(国産金のいぶき)、さば(加工地中国)、食塩、(一部にさばを含む)
※アレルギー表示 :小麦、牛肉、大豆、りんご、豚肉、ごま、鶏肉、さば

◯Levain PRIME(ルヴァン プライム)保存缶S
メーカー:ヤマザキビスケット株式会社
原材料:小麦粉(国内製造)、加工油脂、砂糖、ぶどう糖加糖液糖、食塩、モルトエキス、発酵種/膨張剤
アレルギー表示 :小麦

◯山崎製パン 長期保存羊羹:砂糖・小豆・水あめ・寒天

内容
・防災タオル 2枚
・吉野家 缶飯 6缶 各160g(牛丼・豚丼・焼鶏丼・牛焼肉丼・豚しょうが焼丼・塩さば丼)
・ヤマザキ ルヴァン・プライム 保存缶S 1個
 39枚 (13枚入り×3パック)
・山崎パン 羊羹 3個
・災害用簡易トイレ SAFETY TOILET FIVE
 抗菌性凝固剤(7g)×15袋
 排便袋(PE製黒)×15枚
 持ち運び防臭袋(PE、PET製ピンク)×6枚
※画像はイメージです。
提供元
ブースト株式会社
期限
吉野家缶飯:製造日から3年半
山崎パン羊羹:製造日から5年
Levain PRIME(ルヴァン プライム)保存缶S:製造日より5年

この返礼品を提供する自治体

大阪府 泉佐野市

おおさかふ いずみさのし

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあるまちです。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。
名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。
昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。
平成6年9月に開港した関空によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。