ID:WT-08
  • WT-08 松阪牛特選サーロインブロック 2kg
  • WT-08 松阪牛特選サーロインブロック 2kg
  • WT-08 松阪牛特選サーロインブロック 2kg
  • WT-08 松阪牛特選サーロインブロック 2kg
寄付金額
340,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
1カ月~2カ月でお届けの予定ですが、ゴールデンウイーク・お盆・シルバーウィーク・年末年始の前後で、お申込みが増えた場合は、お届けが数カ月遅くなる場合もあります。ご了承ください。
配送
  • 冷凍

返礼品情報

厳選いたしましたサーロインは「ステーキの王様」とも称され、キメが細かく、ジューシーで柔らかい部位です。
脂の甘みと赤身肉の凝縮した旨味が感じられ、口の中でとろけるような食感を味わうことができます。
若竹のお肉の特徴でもある良質の脂は胃もたれせず、甘い香りの「和牛香」もぜひお楽しみください。
※過熱をしすぎると、脂が旨味とともに溶け出してしまうのでご注意ください。
         
ブロック肉は、パーティーやバーベキューなど様々な場面でお楽しみいただけます。
また、お好みに応じてカットもいたしますので、ステーキはもちろん、すき焼き、焼き肉、しゃぶしゃぶ、かたまり肉を
使うローストビーフなど、いろいろなお料理でお楽しみください。

竹内牧場は、多気町ののどかな田園地帯の中にあり、約430頭の松阪牛を肥育しています。
味わい深いお肉の牛に育つよう、エサにこだわり、水にこだわり、素牛にこだわり、
命をいただくことへの感謝を忘れず、牛たちのことをいつも想いながら、一頭一頭大切に育てています。
皆さまに安心して召し上がっていただけるよう、農場HACCPとJGAPの認証も取得しています。
2021年4月29日、多気町に誕生した商業リゾート施設「VISON(ヴィソン)」内のマルシェ ヴィソンに、
直営の牛肉専門店「松阪肉 若竹」をオープンいたしました。
当牧場にて愛情と丹精を込めて育てた松阪牛のお肉を、若竹がまごころ込めて皆さまにお届けいたします。
竹内牧場産の証となる、「松阪牛証明書(コピー)」をお付けいたします
※ 画像はお送りする松阪牛サーロインブロックのイメージです

【提供事業者】若竹

内容
松阪牛サーロインブロック2kg(真空パック)
※ブロック以外にもカット可能、また配送を2回に分けることもできます。1回あたりの量、切り方のご希望をご指定ください。ご贈答用としてもご利用いただけます
※消費期限 発送から30日
提供元
竹内牧場 若竹
期限
発送から30日

この返礼品を提供する自治体

三重県 多気町

みえけん たきちょう

多気町は、三重県のほぼ中央に位置する人口約1万5千の小さな農山村です。
町名は、かつては「多氣」と書き、「氣」には「命」の意、多くの命を育む場所、命を支える食べ物がたくさんとれる場所と説があります。
世界に誇る「松阪牛」も実は全体の約20%を肥育する一大生産地であり、また本町でしか採れないとろろ芋の王様「伊勢いも」や、本町発祥の完全甘柿でシャキシャキ食感が特徴の「前川次郎」など自慢の農産品の宝庫です。
自慢は食材だけではありません!
松阪牛肥育農家直営レストランや、伊勢いも料理専門店、全国2位に輝いた農園レストラン、清流宮川の畔で絶景を観ながら味わえる茅葺き日本料理などなど、魅力的な飲食店が多数あります。
そして、何といっても全国初の「高校生レストラン」があり、高校生が調理も経営も自分たちで行うとして話題を呼び、今でも県内外から多くの人がその味を楽しみにやってきます。
ただすべてを高校生が行っているため、営業は土・日・祝日の昼間だけという、学生らしいユニークな営業で、現在は、地域の食材を活かしたメニュー開発や、メーカーとのコラボ商品の開発などを行うほか、国際料理コンクールで優勝したり、アジアの学校と多気町の食を通じた交流に貢献したりと、その活躍の場は海外まで広がっています。
また、伊勢自動車道勢和多気IC付近に建設中の「VISON」は、食と健康をテーマにした国内最大級の複合型リゾート施設で、東京ドーム25個分の広大な敷地に宿泊施設や温浴施設、産直市場、薬膳レストランのほか、調理道具や食器などを販売する店や料理教室など約30施設を展開予定で2021年春にオープン予定で、年間600万人の来場を目指しています。
さらに本町は「世界一の美食のまち」で知られるスペイン・バスク地方のサン・セバスティアン市と、「美食を通じた友好の証」の友好協定を締結しました。
施設内に「リトル・サン・セバスティアン」を造り、多気町を「美食のまち」として国内外に発信していくとともに、世界中の食に関わる学生と相可高生の交流、地元特産品のPRなども積極的に行っていきます。
「高校生レストランのまち」から人と地域が活気あふれる「美食のまち、多気」へ。