ID:110115-30060303
東急オリジナル
寄付金額
180,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
2024年5月以降順次発送予定
決済方法
クレジットカード

返礼品情報

屋根パーツを新規に制作し、列車無線アンテナが増設された姿を再現

京王5000系は、2017(平成29)年に京王初の座席指定列車として登場した車両です。座席指定列車として使用する場合はクロスシートに、それ以外はロングシートに座席が変換できるようになっています。
外観デザインは、シャープで立体的な形状とスピード感のある配色が特徴です。車内も、これまでの通勤車にはみられない自然の風合を生かした落ち着いた雰囲気と上質さが演出されています。
現在は座席指定列車「京王ライナー」の愛称で、新宿—橋本・京王八王子・高尾山口間ほか、臨時列車「Mt.TAKAO号」の愛称で新宿—高尾山口間、ロングシートでの一般運用として、都営地下鉄新宿線への相互直通乗入れも見られます。
5737編成は2022(令和4)年10月に増備された編成で、日本初となるリクライニング機能を備えたデュアルシートの搭載、新造時よりデジタル無線に対応したアンテナの設置など、既存の編成と差異があります。

■日本初の「リクライニング機能付きデュアルシート」を備えた京王5000系5737編成を鉄道模型(Nゲージ)として製品化
■屋上アンテナが2基搭載された屋根を新規製作して再現

■車両番号、KEIOマーク、優先席(車体)、車椅子・ベビーカーマーク、号車表示は印刷済み
■ステッカー(新規製作)は、種別行先表示、優先席(窓用)、弱冷房車、女性専用車、スカートの黒色表現を収録
■列車無線アンテナ、WiMAXアンテナ、ヒューズボックス、床下はしごはユーザー取付け
■避雷器は一体彫刻表現
■ヘッドライト(白色)、テールライト、前面行先表示(白色)、通過標識灯(白色)が点灯
■フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
■座席はクロスシートパーツで下り(京王八王子・高尾山口・橋本方面)列車を再現
※商品の仕様は一部実車と異なる場合があります。

前回製品<31593>・<31594>との違い
■アンテナが2本搭載した屋根を新規製作
■車両番号の変更

京王電鉄商品化許諾申請中

内容
鉄道模型(型番:31845+31846)
提供元
東急株式会社

開発ストーリー~東急グループがこの返礼品に込めた想い~

この返礼品を提供する自治体

神奈川県 相模原市

かながわけん さがみはらし

相模原市は神奈川県北西部に位置する人口72万人の政令指定都市です。都心からほど近い立地の良さを背景に広域交通網が発達している一方で、相模川と5つの湖が織り成す美しい自然環境にも恵まれていることが自慢の都市です。
リニア中央新幹線新駅の橋本駅付近への設置など大規模プロジェクトが進行中であり、広域交流拠点都市として今も大きな飛躍を遂げようとしています。
この度、相模原市の地方活性化を応援していただける個人の方から寄附を募り、寄附者の皆様に相模原市の特産品等を贈呈することで、相模原市ブランドを全国津々浦々に広めることを目的として「地方創生さがみはら地域活性化応援コース」を設立しました。
皆様から頂いた寄附金は、相模原市の地域活性化を目的とした事業に活用させていただきます。
このふるさと納税を機会に、ぜひ相模原市の魅力を感じてみてください!