ID:天然アカモク(250g×5パックセット)
  • 天然アカモク(250g×5パックセット)
  • 天然アカモク(250g×5パックセット)
  • 天然アカモク(250g×5パックセット)
  • 天然アカモク(250g×5パックセット)
  • 天然アカモク(250g×5パックセット)
寄付金額
10,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

配送
  • 冷凍

返礼品情報

ネバネバで栄養たっぷり♪の海藻『天然アカモク』
栄養価も高く、近年は健康食品としても注目されている海藻「アカモク」。その強い粘りとシャキシャキした食感が美味しく、色々な食材と合わせやすいことから、様々な料理に入れて食べられる海藻です。
能登で獲れたアカモクをボイルした後、細かく刻んた商品となっておりますので、解凍してそのままお召し上がりいただけます。
オススメはあったか〜いご飯の上にたっぷりのアカモクと醤油をかけて食べる「アカモクごはん」!その他にもお味噌汁、酢の物、お豆腐と一緒に、お好み焼きの山芋の代わりに入れたり、ドレッシングと和えたり…多彩な食べ方が出来るかと思います。
またこの商品は化学調味料等は一切使用しておりません。
天然のアカモクを能登・輪島から皆様の元へとお届けいたします。

内容
アカモク(湯通し)(250g×5パック)
提供元
石川県漁業協同組合輪島支所
期限
解凍後、1週間以内にお召し上がりください

この返礼品を提供する自治体

石川県 輪島市

いしかわけん わじまし

能登半島の北西にある輪島市は、豊かな緑と海に囲まれた人口約3万人の町です。鎌倉時代の半ば、1321年に曹洞宗の初祖「道元禅師」から四代目にあたる「瑩山(けいざん)禅師」により「總持寺」が開かれ、江戸中期(1680年代)~明治30年代には、大坂(大阪)と蝦夷地を結ぶ日本海航路に就航した廻船「北前船」の親の湊と呼ばれ海上交通の要衝として栄えました。日本が世界に誇る伝統工芸「輪島塗」は江戸時代前期の寛文年間(1661年~1673年)に現在のような技術が確立され、陸路での行商や北前船の海運の利を活かして盛んになりました。
また、「平家にあらずんば人にあらず」で知られる武将・平大納言時忠の子と呼ばれる平時国の末裔が江戸時代に28年の歳月をかけて建造した上時国家住宅は国指定重要文化財(建造物)に指定されています。
現在、「漆の里」「禅の里」「平家の里」の3つの里構想を中心に、市の魅力を発信しています。