ID:08003
  • 北海道民芸家具 ダイニングテーブル HM334WP《HM色》【08003】
  • 北海道民芸家具 ダイニングテーブル HM334WP《HM色》【08003】
  • 北海道民芸家具 ダイニングテーブル HM334WP《HM色》【08003】
  • 北海道民芸家具 ダイニングテーブル HM334WP《HM色》【08003】
  • 北海道民芸家具 ダイニングテーブル HM334WP《HM色》【08003】
寄付金額
400,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
受注生産のため、発送まで約50日前後要しますので予めご了承願います。
※本品は開梱設置対象の返礼品です。寄附申込の完了を確認次第、お届け日の指定に関して順次ご連絡差し上げます。
配送
  • 常温

返礼品情報

50年以上の歴史を持つ北海道民芸家具のダイニングテーブル。バーナード・リーチ復刻版です。

上質な素材と格調高い美しいフォルム、インテリアに上質感を醸し出すデザインです。

全て北海道産カバ無垢材の贅沢なつくりは、食事の後のティータイムや、リビングテーブルとして調和します。



※本品の染色はHM色です。色のイメージはサブ画像よりご確認下さい。

※CR色の取扱いもございますので、お間違えのないようお願い致します。



【家具の10年保証】

循環型社会を地球全体で目指さねばならぬ時代に、お客様に愛される安全でロングライフなものづくりを貫くことは、今や作り手の責務といっても過言ではありません。

飛騨産業は家具の耐久箇所(木部)について弊社工場出荷日から10年間、製作過程の不都合による破損の場合は無償修理いたします。

商品には保証書が同封されており、10年保証をお受けいただくために必要な保証書となります。大切に保管してください。

※条件によっては保証の対象外となる場合がございます。詳細は以下リンク「10年保証について」よりご確認願います。



【メッセージ】

飛騨産業は飛騨の匠の心と技術を受け継ぐ家具メーカーで、2020年で創業100周年を迎えました。

平成21年秋より北海道民芸家具を受け継ぎ、手作りの良さを残しつつ、工業化を図り、

使いやすさと使う楽しみを提供する民芸の心を大切に、ものづくりを行っています。



【組立後サイズ(cm)】

幅150×奥行85×高さ7

3辺合計:242cm



【染色】

HM色 ※塗色サブ画像・下記リンク「材種・塗色について」参照



【木材】

北海道産樺材 ※下記リンク「材種・塗色について」参照



【注意事項】

※本品は開梱設置対象の返礼品です。寄附申込の完了を確認次第、お届け日の指定に関して順次ご連絡差し上げます。

※画像はイメージです。

※お申込み順での発送となります。

※発送時期が前後することがございます。

※お届け日・曜日等のご指定はいただけません。

※長期不在のご予定がある場合は、お知らせください。



事業者:飛騨産業北海道工場 https://kitutuki.co.jp/

内容
2020年8月に100周年を迎えた北海道三笠市にある飛騨産業北海道工場制作の家具
提供元
三笠市観光協会

この返礼品を提供する自治体

北海道 三笠市

ほっかいどう みかさし

三笠市は空知地方の南部、北海道のほぼ中央に位置しています。
豊かな森と湖に恵まれ、道央主要都市に近い良好な環境を持つ三笠市は、北海道の石炭と鉄道の発祥の地として栄えた歴史あるまちでもあります。

また、「エゾミカサリュウ」「アンモナイト」をはじめとした多くの化石を産する、地質学的にも重要な地域と言われ、平成25年9月には『日本ジオパーク』の一つに認定されております。
三笠ジオパークでは、アンモナイトが海を泳いでいた太古から炭鉱まちとして栄えた現在まで、一億年時間旅行を気軽に楽しむことができます。

そして、現在は「日本一安心して誰もが住み続けたいまち」を掲げて、移住定住・子育て支援策に力を入れるなど、魅力、活気あふれるまちです。

北海道立の三笠高等学校が閉校し、平成24年4月に全国では数少ない食物調理科の高校として市立高等学校が開校しました。
将来の「食」のスペシャリストを目指して調理師などの育成に特化したカリキュラムとなっており、これまで、各種料理大会に出場し、全国優勝や数々の入賞を果たしています。
その生徒たちが運営する三笠高校生レストランが平成30年7月22日にオープンいたしました。

三笠の盆踊りは無形文化として北海道遺産にも登録されています。
伝統的にも三層に高く組まれた櫓(やぐら)、その周りを幾重にも囲んで踊る様子は壮観。誰でもその輪に入ることが出来ます。
例年8月13日~15日に行われる北海盆踊り大会の最終日には納涼花火大会も開催。約600発の花火を櫓越しに眺めることができます。