ID:013-011
寄附金額
13,000

お礼品情報

【限定50個】
上田市内を走る私鉄、上田電鉄別所線は「上田駅」と信州最古級の「別所温泉駅」を約30分で結ぶ、
歴史あるローカル線です。

2019年10月13日早朝、台風19号による千曲川増水で
千曲川橋梁の一部が崩落しました。

その後、多くの皆様のご支援を受けながら、早期復旧に向けて全力で取り組んでおります。
上田市のシンボルといえる千曲川橋梁(赤い鉄橋)をデザインしたブックスタンドです。

上田市の中央を流れる千曲川に、
上田市のシンボルともいわれる赤い橋梁がかかっています。
この鉄橋を走る上田電鉄別所線。特に丸窓電車は、市民に広く愛される電車です。

その赤い橋梁が台風19号(ハギビス)の被害で崩落しました。
観光ガイドにもパンフレットにもないし観光スポットでもない赤い橋梁。
でも上田市近隣に住む人にとっては、
心情風景の中の上田市にはかかせないもののひとつだと思います。

そんな上田電鉄の未来のために何かしたいと集まった仲間で考えたのが
赤い橋梁の復旧を応援すべく出来上がった品のシリーズ名「丸窓ぽんて」で
丸窓電車の「丸窓」+イタリア語で「橋」を表すPONTE(ポンテ)を組み合わせた造語です。

第一弾は「本立て」

この本立ての両側にある六文銭は、真田氏の旗印でもありこの世とあの世の渡し賃です。
「何度でも蘇る」そんな思いを秘め、皆さんの生活の中に、溶け込めたら。
この本立てを見たら、いつでも信州上田を思い出してください。

容量
ブックスタンド2つ
材 質:鉄(SPCC)板厚1.6ミリ  焼付塗装
サイズ:横124.7×奥行175×高さ131(ミリ)
重 量:約300g(1つあたり)×2個
※写真は企画・制作中のものであり、完成品と一部デザインが異なります。
配送
常温
提供元
上田電鉄株式会社
長野県 上田市

ながのけん うえだし

上田市は、戦国時代に名を馳せた武将「真田幸村(信繁)」の活躍を描いた2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の舞台となった地で、市中心部には、徳川軍の侵攻を二度にわたり退けたことで有名な上田城(城跡)があります。また、美ヶ原高原や菅平高原、千曲川の清流、信州の鎌倉と呼ばれる塩田平の田園風景など、豊かな自然にも恵まれ、毎年多くの観光客の皆様にお越しいただいています。
本市では、将来都市像「ひと笑顔あふれ、輝く未来につながる健幸(けんこう)都市」の実現に向け、市政、地域、行政の協働のもと、ふるさとの歴史・文化・自然に誇りを持ち、健康・幸福でいきいきと暮らせるまちづくりに全力で取り組んでいます。

■お礼品について
○配送は提供業者から直接お送りします。
○お礼品は提供業者から順次発送させていただいております。
○通常お申込みから約1か月以内にお届けしておりますので、長期不在日がある場合は備考欄にご記入ください。
○上田市からはお礼品発送連絡はいたしておりません。(一部の業者からお礼品の発送連絡がある場合がございます。)
○お礼品送付先住所の誤り等のお申込内容不備や不在等により配送不能でお礼品が返送された場合は、お礼品の再送はいたしかねます。
○お礼品の贈答用包装やのし対応、発送伝票のご依頼主名の変更はいたしておりません。
○発送予定日は決済方法によって異なります。
○海外への送付は行っておりません。
※時期やお礼品の種類によってはお時間をいただくことがございます。
※12月お申込のご寄附のお礼品の送付は、1ヶ月以上日数がかかる場合がございます。ご了承いただきますようお願いいたします。
■寄附金受領証明書、寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)
○ご入金確認後、発送します。
○返礼品とは別に郵便で発送いたします。