ID:r27213206301
  • 【父の日】ギフトセット ドリップ 6種30袋 & リキッド3本 2段アソート仕様 吉田珈琲本舗 020C322f
  • 【父の日】ギフトセット ドリップ 6種30袋 & リキッド3本 2段アソート仕様 吉田珈琲本舗 020C322f
  • 【父の日】ギフトセット ドリップ 6種30袋 & リキッド3本 2段アソート仕様 吉田珈琲本舗 020C322f
  • 【父の日】ギフトセット ドリップ 6種30袋 & リキッド3本 2段アソート仕様 吉田珈琲本舗 020C322f
  • 【父の日】ギフトセット ドリップ 6種30袋 & リキッド3本 2段アソート仕様 吉田珈琲本舗 020C322f
寄付金額
25,500
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

申込期日
2024年06月02日(日)まで
発送期日
お届け予定:6/13(木)~16(日)の間でお届け
※お届け日は指定できません。
※品質保持のため、宅配ボックスへの配達やご要望はお受けできません。

【配送について】
※ギフト・のしをご希望の際は(1)形態 (2)種類 (3)表書き (4)お名前の4項目を必ず備考に記入してください
(1) [a内のし;b外のし;c包装のみ]
(2) [d蝶結び;e結切り]それぞれ記入してください
(3)(4)の記入がない場合は「無地のし」となります。
決済方法
クレジットカード、PayPay、LINE Pay
配送
  • 常温

返礼品情報

お早めに準備!ありがとうの感謝を込めて!
\2024/6/16 父の日キャンペーン/

【父の日は泉佐野市のふるさと納税で】
・ギフト仕様でお届け
・ふるさと納税とわからないようにお届け
・父の日までにご指定の配送先へお届け

オシャレなギフト箱が出来ました!大切な方に心を込めてお贈りいたします。
▼上段…おすすめドリップギフト30袋入
100%厳選アラビカ種豆使用!
品質と鮮度にこだわったブレンドコーヒー3種類とバリ・アラビカ神山3種類のドリップコーヒーの詰め合わせ

▼下段:おすすめリキッド3本セット
もらってうれしい!こだわりの本格ネルドリップアイスコーヒー2本と本格カフェラテベースは無糖1本。
お世話になったあの方に、味と香りにこだわった当店自慢のコーヒーを是非。こころのこもった贅沢な詰め合わせギフトです。

■オリジナル風呂敷について

【色について】
日本で古くから献上品・仏画の彩色になくてはならない大事な色
「金青」を使用しています。

【柄について】
縁起の良い吉祥文様をあしらっています。

【吉祥文様について】
永く続く幸せや平和な暮らしへの祈り、健康や成長、魔除け、円満や調和、縁に対する祈りなど、それぞれ意味があります。

【風呂敷での贈り物について】
風呂敷には、「幸せを包む」「2人を結ぶ」「お付き合いを広げる」といった
ゲン担ぎで、ハレの日の贈答品、引き出物として喜ばれていたそうです。
→大切な方の幸せを願う気持ちをお包みし、人と人を繋いでゆく贈り物を心を込めてお贈りしたいという想いを込めたギフトです。

またSDGSの観点からも二次利用できる風呂敷は環境保護を考えたECOな包装としてご利用いただきたいです。

コーヒー豆(ブラジル・コロンビア・エチオピア・インドネシア・タンザニア・ベトナム・グァテマラ)、焙煎:泉南市
※泉南市との共通返礼品

内容
上段箱
・和ごころブレンド(10g×5袋)
・真ごころブレンド(10g×5袋)
・喜ごころブレンド(10g×5袋)
・バリ・アラビカ神山フルシティ(10g×5袋)
・バリ・アラビカ神山イタリアン(9g×5袋)
・バリ・アラビカ神山デカフェ(9g×5袋)                                  下段箱
・アイスコーヒー 1000ml(無糖)×2本
・カフェラテベース 600ml(無糖)×1本  
※画像はイメージです。
提供元
株式会社YCH(吉田珈琲本舗)
期限
発送日から150日間
注意事項/その他
※寄附者様のご都合による寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更や返品はできません。
※商品コード: 020C322f

この返礼品を提供する自治体

大阪府 泉佐野市

おおさかふ いずみさのし

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあるまちです。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。
名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。
昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。
平成6年9月に開港した関空によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。