ID:R00691
  • 鹿革と真鍮のウォレットチェーン【選べる仕様 銀面仕上げ/磨き床面仕上げ】レザー 革小物 財布 メンズアクセサリー【R00691】
  • 鹿革と真鍮のウォレットチェーン【選べる仕様 銀面仕上げ/磨き床面仕上げ】レザー 革小物 財布 メンズアクセサリー【R00691】
  • 鹿革と真鍮のウォレットチェーン【選べる仕様 銀面仕上げ/磨き床面仕上げ】レザー 革小物 財布 メンズアクセサリー【R00691】
  • 鹿革と真鍮のウォレットチェーン【選べる仕様 銀面仕上げ/磨き床面仕上げ】レザー 革小物 財布 メンズアクセサリー【R00691】
  • 鹿革と真鍮のウォレットチェーン【選べる仕様 銀面仕上げ/磨き床面仕上げ】レザー 革小物 財布 メンズアクセサリー【R00691】
寄付金額
59,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
・入金確認後1〜2週間程度
・時間指定可(日付指定不可)
決済方法
クレジットカード
配送
  • 常温

返礼品情報

【Handmade Deerskin Leather Accessories】

自ら獲った鹿の皮を植物タンニンで鞣した自家製鹿革と真鍮金具で作成したウォレットチェーンです。

真鍮製のフックをベルトやベルトループに引っ掛けて使うことができ、チェーン部は丈夫な背中の革を編み込んで作成しています。

タンニン鞣しされた鹿革の特徴は、軽く、強度と柔軟性に優れ、肌に優しい事。
また、使い込む程に深みのある”渋い色”に変化していきます。

真鍮金具の特徴は腐食し難く、美しい光沢があり、使い込む程に表面が酸化し、色合いが変化していきます。
鹿革も真鍮も共に使い込む事で経年変化が楽しめる素材です。

「種類」
チェーンの表面に使用する革の裏表によって、仕上がりが2種類あります。
下記の説明文をお読み頂いた上で、お好みの仕上げをお選びください。

◆銀面仕上げ〜経年変化が美しい〜
革の表側(銀面)をチェーンの表面に持ってきたもの。原料となった鹿特有のシワ模様(シボ)が見え、独特の光沢がある質感を楽しめる。

◆磨き床面仕上げ〜肌のあたりが柔らかい〜
革の裏側(床面)をチェーンの表面に持ってきたもの。毛羽が立たないように丹念に磨いており、光沢はあるが銀面よりもマットな質感を楽しめる。
「サイズ」
チェーン約60cm
ベルトフック約8cm
レバーナスカン約6cm
※長さは若干のバラつきがあります。

詳細につきましては、「日本狩猟文化開発」公式HPをご覧下さい。

内容
原材料:鹿革【高知県土佐清水市産】、真鍮
容量:1個
お好みの仕上がりをお選び下さい。
◆銀面仕上げ
◆磨き床面仕上げ
提供元
日本狩猟文化開発

この返礼品を提供する自治体

高知県 土佐清水市

こうちけん とさしみずし

黒潮きらめく四国最南端のまち さかなのまち土佐清水

土佐清水市は黒潮が接岸する足摺岬や奇岩で知られる竜串・見残海岸などのダイナミックな自然あふれるまちです。足摺宇和海国立公園を有し、雄大な自然を生かした一次産業と観光産業が中心で、宗田節の製造や、「清水さば」が全国的にも有名です。

足摺岬周辺には、四国霊場八十八ヶ所三十八番札所金剛福寺や足摺温泉郷、また竜串海中公園のグラスボート、「足摺海洋館 SATOUMI」・「海底館」などの見どころもあります。

豊かな海では海水浴、サーフィン、スキューバダイビングなどのマリンスポーツが盛んに行われています。また、マンボウやジンベエザメと泳げる施設もあり、自然との一体感を感じられるレジャーがたくさんあります。一年を通して比較的温暖な気候であるため、過ごしやすく、四季の移ろいを感じながら、自然に寄り添った暮らしができます。


【SNSを活用しています】
『Instagram 』と 『facebook』を通して、本市の最新ふるさと納税情報をお届けしております。
#土佐清水市ふるさと納税 で是非ご検索ください。
皆様の『いいね!』や『シェア』、『感想のご投稿』などお待ちしております。

【スマホからワンストップ特例申請を行えるようになりました】
この度公的個人認証アプリIAM<アイアム>を導入いたしました。
こちらをご利用いただき、スマホからもワンストップ特例申請を行うことができます。
ご寄附時にワンストップ申請(寄附金税額控除に係る申告特例申請)を希望された場合、後日寄附金受領証明書に申請方法やアクセスに必要なQRコード等詳細を記載した書類を同封してお送りいたします。
IAMの詳細は以下よりご確認ください。(外部サイトへ遷移します。)
<A HREF="https://iam-jpki.jp/lp/onestop/">こちらをタップしてください。</A>

また申請期限は書類郵送による申請と変わらず、毎年1月10日必着です。