東京都 渋谷区

東京都 渋谷区とうきょうと しぶやく

  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。
渋谷区

渋谷区について渋谷区公式サイト

海外からも注目されるスクランブル交差点、渋谷センター街や原宿といった若者のファッションや流行発信の街というイメージが強い渋谷区ですが、裏渋・奥渋エリアや広尾、代官山、恵比寿といった大人の雰囲気が漂う街や、笹塚・幡ヶ谷・初台地区等の人情味が漂う街、緑に囲まれて文化・歴史を感じる代々木・千駄ヶ谷地区など、様々な魅力にあふれています。 
また、100年に一度とも言われる渋谷駅周辺のまちづくりも現在進行中です。
皆さまに、いつの時代も文化の発信地である渋谷区の魅力を体験・お楽しみいただけるような返礼品をご用意してお待ちしております。

東京都 渋谷区|人気のお礼品

渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKYチケット

1東京都 渋谷区渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA SKYチケット

7,500円

渋谷ストリームエクセルホテル東急 <Bar & Dining TORRENT>ペアランチお食事券

2東京都 渋谷区渋谷ストリームエクセルホテル東急 <Bar & Dining TORRENT>ペアランチお食事券

20,000円

CHEESE STANDチーズ6種+オリジナルパンケーキセット

3東京都 渋谷区CHEESE STANDチーズ6種+オリジナルパンケーキセット

  • 冷蔵

25,000円

【セルリアンタワー東急ホテル】ガーデンラウンジ「坐忘」アフタヌーンティー〈トゥール ド アンサンブル〉ご利用券

4東京都 渋谷区【セルリアンタワー東急ホテル】ガーデンラウンジ「坐忘」アフタヌーンティー〈トゥール ド アンサンブル〉ご利用券

14,000円

レザンファンギャテ ランチお食事券(2名様用)

5東京都 渋谷区レザンファンギャテ ランチお食事券(2名様用)

34,000円

渋谷エクセルホテル東急 日本料理「旬彩」・レストラン「ア ビエント」共通ランチペアギフト券

6東京都 渋谷区渋谷エクセルホテル東急 日本料理「旬彩」・レストラン「ア ビエント」共通ランチペアギフト券

29,000円

資生堂パーラー ザ・ハラジュク 特別ご利用券(10,000円分)

7東京都 渋谷区資生堂パーラー ザ・ハラジュク 特別ご利用券(10,000円分)

  • 常温

35,000円

鰻はなぶさ 渋谷本店 ご利用券【10,000円分】

8東京都 渋谷区鰻はなぶさ 渋谷本店 ご利用券【10,000円分】

  • 常温

36,000円

biodinamico ディナーペアお食事券

9東京都 渋谷区biodinamico ディナーペアお食事券

  • 常温

42,000円

A day in the life shibuya 渋谷区公認スーベニアSHIBUKURO+長袖TシャツMサイズ+SHIBUKUROボールチェーンタグ セット

10東京都 渋谷区A day in the life shibuya 渋谷区公認スーベニアSHIBUKURO+長袖TシャツMサイズ+SHIBUKUROボールチェーンタグ セット

  • 常温

17,000円

レザンファンギャテ ディナーお食事券(2名様用)

11東京都 渋谷区レザンファンギャテ ディナーお食事券(2名様用)

100,000円

渋谷エクセルホテル東急 日本料理「旬彩」・レストラン「ア ビエント」共通ディナーペアギフト券

12東京都 渋谷区渋谷エクセルホテル東急 日本料理「旬彩」・レストラン「ア ビエント」共通ディナーペアギフト券

70,000円

ドゥ マゴ パリ(LES DEUX MAGOTS PARIS)のディナーコースペア食事券

13東京都 渋谷区ドゥ マゴ パリ(LES DEUX MAGOTS PARIS)のディナーコースペア食事券

38,500円

渋谷生まれのクラフトビール定番4種-12本セット-

14東京都 渋谷区渋谷生まれのクラフトビール定番4種-12本セット-

  • 冷蔵

38,000円

渋谷生まれのクラフトビール定番3種-6本セット-

15東京都 渋谷区渋谷生まれのクラフトビール定番3種-6本セット-

  • 冷蔵

22,000円

東京都 渋谷区|おすすめのお礼品

“渋谷区”における
ふるさと納税の使い道

寄付金は以下のような事業に使用します。

区政全般

区政全般

ふるさと納税についてのお問い合わせ

対応窓口
東京都渋谷区 渋谷区ふるさと納税サポート室 (平日9:00から18:00)
電話番号
050-8888-8326
メール
support@shibuya.furusato-lg.jp(担当 (平日9:00から18:00))

東急ストーリー 東急グループと“渋谷区”の関わりについて

東京都渋谷区東急ストーリー

東急グループは、1918年設立の田園都市株式会社を源流に、交通事業・生活サービス事業・ホテル・リゾート等、人々の生活に密着した様々な事業を幅広く展開してきました。そのなかでも、東急グループと渋谷は特に密接な関わりがあります。

遡ること約85年。1934年には東横百貨店(現:東急百貨店)が開業し、交通の起点としてターミナルが形成されました。
1930年~60年代の高度経済成長期には、東急会館(1954年)、東急文化会館(1956年)が開業。東京オリンピック後の1965年には東急プラザ渋谷、1967年には東急百貨店本店など、今も愛される老舗が開業し、商業や情報の街としての原点が形成されました。

1970年~90年代を迎えると、文化を生み出す拠点として「ファッションコミュニティー109(現:SHIBUYA109)」や複合文化施設「Bunkamura」が開業し、渋谷は日本有数の文化の発信地としての地位を築くこととなります。

そして現在、世界を牽引する新しいビジネスやカルチャーを発信するステージとして「エンタテイメントシティSHIBUYA」の実現を目指し、東急グループは2012年の渋谷ヒカリエの開業を皮切りに、渋谷ストリーム、渋谷スクランブルスクエア、渋谷フクラスなど駅周辺において100年に一度という大規模な再開発プロジェクトを関係者と協力しながら進めています。
また、広域渋谷再開発として、原宿、表参道、青山、代官山、恵比寿などの渋谷駅周辺の街を「点(街)」から「面(エリア)」へと回遊性を高めるような開発にも取り組んでいます。

渋谷は、東急グループが一翼を担いながら、街のにぎわいを創出し文化を発信し続けることで、ビジネスをはじめ、映画やファッションなどさまざまなエンタテイメントが集積する街へと進化を遂げています。