赤潮被害にあった自治体を応援しよう!北海道沿岸自治体特集

令和3年9月、北海道南東部の太平洋沿岸の広範囲に
「赤潮」の影響とみられる漁業被害が相次いで確認されました。
これにより「秋サケ」や「ウニ」が大量死し、
水産業が基幹産業である該当の沿岸地域に、
これまで経験したことがないほどの甚大な被害が出ています。
生産サイクルの循環には3~4年がかかるため、
長期間にわたり地域はダメージを受けることとなります。

被害地域へのふるさと納税は、まちの支援にもつながります。
皆さまのあたたかい応援を、お待ちしております。

魚介類・海産物

調味料・加工食品

おすすめの特集・キャンペーン