最近の就活事情ってどんな感じ?コロナの影響はあるの?肉をエサに学生30人から話を聞いた

最近の就活事情ってどんな感じ?コロナの影響はあるの?肉をエサに学生30人から話を聞いた

ヨッピー ヨッピー

こんにちは。古い就職活動を撲滅する会の会長、ヨッピー(写真中央)です。
僕はかつて大学卒業後、新卒で企業に就職したこともあるのですが、その時の就職活動がトラウマすぎて、いわゆる「日本における新卒一括採用の仕組み」を死ぬほど嫌っております

意気揚々とTwitter及びマイナビのサイトで就職活動の悪口を言う僕。
就職活動という、あの謎文化は本当に意味がわからないので就活マナー講師も一緒に滅びて欲しい。

まあ、就職活動の具体的な悪口を言い始めると1086個くらいあるので割愛しますが、そんな風に就活を憎んでいる僕は、ふと思いました。

今の就職活動って、どうなん?


これ!
コロナのアレもあるし、だいぶ効率的になってたりするの?
それともそのまんま古臭いことやってるの?
その辺が気になるので……、

いい肉をエサにして就活中or就活が終わった学生連中を集めることにしました。

ちなみにこちらは東急グループのふるさと納税サイト、「ふるさとパレット」で発注したやつです。

宮崎県産の黒毛和牛!

このいい肉を用意して、Twitterで呼びかけてみることにする。

そしたら一瞬で30人集まりました。やはり貧乏学生はいい肉で簡単に釣れる。


各自が持参したお祈りメールを焚きつけにして……、

焼き肉大会のはじまりじゃーい!

最近の就活って、どうなん?


※学生の発言を特定されて内定取消とかになるとアレなので、特定出来ないようにしてあります。

ヨッピー:……というわけで、最近の就活について聞きたいんですけど、就活のフローってどんな感じなの?


文系学生1:ヨッピーさんの時はどんな感じでした?


ヨッピー:うーん、まずリクナビとかマイナビに登録して、説明会予約して、色々送って、4次面接で最終、とかそんな感じかなぁ。そんで面接では「自己PRをお願いします」って。もう何もかもが嫌すぎて鬱病になるかと思ったよ。

文系学生1:あー、だいたい同じですね。

ヨッピー:同じなのかよ。もう20年近く前の話なのに変わってないんかい!

文系学生1:ただ、選択肢は増えてるかも。リクナビ、マイナビ以外にも「外資就活」とか「ワンキャリア」とかそういう競合もありますね。

ヨッピー:インターン採用は?なんかそういうのが増えてる、みたいな話も聞くけど。

文系学生1:インターンも、リクナビとかマイナビに登録して、説明会行って、その説明会に参加した人だけが申し込めたり、説明会行かなくても申し込めたりでバラバラなんですけど、そもそも説明会やインターンに行ったら合格する確率があがるのかどうかわかんないんですよね。

ヨッピー:あーーー!そこもーーー!同じーーーーーー!!
「あそこは説明会行かないと受からない」とか「実は説明会行っても意味ないらしい」とかすげえ情報が錯綜するよね!なんなのあれ!!

文系学生1:そうなんです。だから「よくわからないから、念のために受けておくか……!」みたいな。それだけまた負担が増えるっていう。

ヨッピー:なるほど……。

20年近く進化が無いことを知って落ち込むヨッピー。

ヨッピー:説明会は?企業側はどういうことを話すの?

文系学生2:会社の理念だったり、仕事内容だったり、あとは先輩社員が出てきて「こんなにスケールのデカい仕事だぜ!」みたいな。

ヨッピー:すごい!それもまったく同じ!でもさ、流石にエントリーシートとか履歴書とか、手書きで郵送、みたいな文化は無いよね!?

文系学生2:いや、あるところにはありますよ。さすがにほとんどがWEBで完結するんですが、10社に1社くらいは「郵送で」ってところがありますね……。

ヨッピー:完全にヤバいな。

文系学生3:あ、そういえば新卒向けの就職エージェントみたいなものもありますよ。

ヨッピー:へー!そうなんだ。ああいうの転職市場だけなのかと思ってた。

文系学生3:そこに登録したら担当みたいな人がついてくれるんですけど、私が「イベントの仕事がしたいんです」って言ったら「なるほど……。じゃあ、携帯電話の販売はどう?」って言われて!

ヨッピー:めちゃくちゃ面白い。イベントと携帯電話全然違うじゃん。

文系学生3:でしょう!「携帯電話を売るのもイベントみたいなものでしょ?」って。それで「いや……、それはちょっと……」って言ってたら「太陽光発電の会社はどう?展示会とかもあるし」って。

ヨッピー:笑う。紹介出来る会社になんとかねじ込もうとしてるだけやね。

文系学生3:そう!そうなんですよ!結局、手持ちの会社のどこかに学生を送り込めばそれでオッケーっていう。だからもう連絡は無視してます。

ヨッピー:闇が深いなーーー!

理系の就活はどうなのか


「ちなみに理系はどうなんだ?」という事で、理系の学生にも就活について聞いてみました。

ヨッピー:理系はどうなん?君たちはどういうフローで内定貰った?

理系学生1:僕は、ラボベースっていう自分のプロフィールや研究内容を書くサイトに登録して、そこからスカウトメールを貰って、みたいな。

ヨッピー:おー、LinkedInみたいな?

理系学生1:そうそう。そこで企業からメール貰って、「インターン来ない?」って言われて、インターン行ったらそのまま内定貰いました。

ヨッピー:文系に比べて楽!

理系学生2:Paizaっていうプログラムのスキルチェックが出来るサイトがあって、コーディングのテストを受けて問題が解けるとそのまま最終面接、みたいなのもあります。

ヨッピー:なるほどーー。理系の就活はけっこう進化してるのね……。それに比べて!文系は!腹立ってきた!!

怒ってる僕を尻目に、学生達は楽しそうにお肉を食べております。

ちょっと宣伝


ちなみに、今日みんなが食べてるやつは東急グループのふるさと納税サイト、「ふるさとパレット」で発注したやつです!

宮崎県産の黒毛和牛!
どう?今年のふるさと納税、みんな終えてる??
まあ賛否両論あれこれある制度ではあるけど、「やっておかないと損」っていうのは間違いのないところなのでキッチリやっておこうな!
返礼品はここからアレコレ見られらるぞーーー!
ふるさとパレット

ヨッピーの就職活動


また別の学生:ちなみに、僕はまだ就活中で苦戦してまして。面接に受かるコツとかってあるんですかね?

ヨッピー:え?無いよ?あんなもん運やで。

また別の学生:えー!でもヨッピーさんも就職活動してちゃんと内定貰ったんですよね?自己PRとか何話せば良いかわからなくて!

ヨッピー:うーん、僕在学中は友達とマージャンやったりパチンコ行ったりインターネットやったりゲームやったりで死ぬほど終わってる学生だったからね。自己PR出来ることなんか何にも無いやん?

そんで当時からネットで日記は書いてたから、面接でそれを話すんよね。「僕はインターネットで毎日日記を書いてまして、1日に3000人くらい見に来てくれます」って。当時1日3000PVってけっこうすごい数字なんだけど、面接してくれる人がそもそもインターネットわかってないから「?」っていう顔をするんですよ。「で?それは我が社の仕事となんの関係が?」みたいな。そんでばんばん落とされるわけ。今なら「ブログで〇万PVです!」とかって立派な自己PRになると思うんだけど……。

しょうがないからそっちの方向性は諦めて、体力自慢に変えたんよね。当時カラオケ屋で深夜のバイトしてたから「体力はあります!今日もこの面接に来る前に、夜勤明けからのビラ配りです!ぜんぜん寝てないけど今日も元気です!」みたいなね。

で、その時に働いてたカラオケ屋が大阪の鶴橋っていう駅にあったんだけど、面接でその話をしたら人事部の課長が、「あれ?鶴橋のカラオケ屋さんのビラって、これ?」って、ポケットから僕が朝配ったビラを出したの!

また別の学生:えー!すごい偶然!

ヨッピー:ね!すごい偶然でしょ!?
そんで僕も「あーーそれですそれ!僕が朝配ったやつです!」って!そしたら「おー!君かー!すごい偶然だね!」って話が盛り上がってその面接は通って、そんで次の面接までのタイミングで僕がまた鶴橋でビラ配ってたらその人事部の課長が「豊田くん!今日もがんばっとるね!本当に早朝からバイトしてるんだね!」って声かけてくれてさあ。それでその課長に気に入られてトントン拍子に内定貰った、っていう。ただそれだけ。ね。運やろ?

また別の学生:たしかに……、運ですね……。

ヨッピー:だから就職活動上手くいかないからって変に落ち込まなくていいよ。別に君が悪いわけじゃない。ただ、場数は踏んだほうが緊張しなくなるし、変なウソはつかない方がいいかなぁ。

また別の学生2:僕は〇〇〇〇(某外資系大手コンサル会社。給料がめっちゃ良いことで有名)受けるんですけど、志望動機とか何を言えば良いのかわかんなくて。

ヨッピー:それも正直に、で良いと思うんだけどなぁ。じゃあ、今「なんでウチを受けたの?」って聞かれたらなんて答える?

また別の学生2:えーと、世界で戦えるような企業の手助けををしたい、とか……。

ヨッピー:本当は、なんでその会社を受けるの?

また別の学生2:うーん、本当は僕、このまま大学で研究続けたいんですよ。でも、仮に大学の教授になっても、先が見えてるんですよ。予算取るのに書類仕事ばっかりしなきゃいけないし、お金の使い道にもあれこれうるさいし、人間関係とかもあるし好きなように研究に打ち込める環境じゃないじゃないですか。

ヨッピー:あー、それは知り合いの大学の先生もまったく同じことを言ってたな……。

また別の学生2:だから、僕は搾取される側から搾取する側にまわって、それでお金をガツンと稼いで早めに引退してそのあとは好きな研究をずっとしてたいんです。

ヨッピー:そっちの方が絶対良いと思う。

また別の学生2:え?本当に?

ヨッピー:うん。僕なら「おー、野望に満ち溢れてていいなー」って思うよ。綺麗ごとを言う、良い人そうな学生より闘争心が強そうな学生の方が良いもん。でも君がこれ言って落ちたらマジで申し訳なさすぎるから話半分で聞いてね。

コロナで変わった就職活動


文系学生4:でも、就職活動のフローが同じでも、面接が全部リモートになったからめっちゃ楽でしたよ。

ヨッピー:おおお!!そうだ!!それか!

文系学生4:そうなんですよ。コロナになってから、面接も説明会も全部リモートなんですよね。それまでは説明会を予約して、実際に現地に行かなきゃいけなかったのに、全部家の中で済んじゃうから移動時間も無いしお金もかからないんです。

ヨッピー:なるほどなーーー!

文系学生4:説明会もZoomとかだし、録画したやつをアップしてくれてあったりするのでいつでも見れるんですよ。だから家でご飯食べながら見たりしてすごい楽でした。

ヨッピー:なるほど……。少なくともコロナは就活生にとってはプラスに働いたのか……!来年以降もずっとそれでやればいいのにね。

文系学生4:ただ、企業の方が「全部リモートにしたら志望者が増えすぎて大変」って言ってたから、どうだろう……。

ヨッピー:なるほど。実際行くより気軽に受けられるからあれもこれもって受けるところ増やすのかな。

文系学生4:それに、これはひどい話なんですけど、「今年はコロナで業績がやばいから、新卒の募集してるとは言えよっぽど優秀な人じゃないと取りません」とか言ってるところがありました。

ヨッピー:なにそれ。来てくれた人にめちゃ失礼やん。

文系学生4:だから、面接とか説明会がリモートなのは歓迎するんですけど、全体的にはやっぱりコロナは悪影響なんじゃないですかね……。

ヨッピー:なるほど……。

煙多め。


そのほかに聞いたこと


〇コロナ禍で企業の人事部が大混乱。

【例】
  • ・エントリーのボタンを押した瞬間に不合格のメールが届いた(あとで『誤送信です……』って謝られたらしい)
  • ・選考途中にコロナ禍に叩き込まれ、選考が遅れに遅れた。
  • ・面接の予約してないのに面接の案内が届く(多発)
  • ・全然違う人の名前で呼ばれる
  • お祈りメールが2回届いた。

〇圧迫面接みたいなのはほとんど聞かないらしい

早慶の連中、イキリが多い(目撃者多数)

などなど。

そんなわけで学生をいい肉で釣った、今の就職活動の現状報告、いかがだったでしょうか。
大筋では、

就活の仕組みは過去20年間ほとんど変わってなかったけど、コロナがやってきたおかげで劇的に改善されたものもある

っていう感じなのかなーー!
結局、何かしらの大きな圧力とか社会の変化がないと変わらないのかもしれないですな。
これからもっと良い方向に進めばいいけど!
これから就活や!っていう人頑張ってねー!

ヨッピー
作者プロフィール
ヨッピー
Twitter

大阪出身、東京在住のライター。「オモコロ」「SPOT」「Yahoo!ニュース個人」「みんなのごはん」など、さまざまなWEBメディアで活躍中。

一覧へ戻る