ID:T0015
東急オリジナル
  • きたひろ赤毛米の米粉&酒粕スイーツセット
  • きたひろ赤毛米の米粉&酒粕スイーツセット
  • きたひろ赤毛米の米粉&酒粕スイーツセット
  • きたひろ赤毛米の米粉&酒粕スイーツセット
  • きたひろ赤毛米の米粉&酒粕スイーツセット
  • きたひろ赤毛米の米粉&酒粕スイーツセット
寄附金額
10,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

配送
  • 冷凍

お礼品情報

北海道産米の原点の「赤毛種」の米粉や赤毛米酒からとった酒粕を使用した北海道北広島市のオリジナル商品を詰め合わせたスペシャルスイーツセット。赤毛米の米粉を100%使った米粉独特の弾力があるスポンジケーキで生クリームを包んだロールケーキ「きたひろ まいピーロール」をはじめ、酒粕の香りがちょっぴり大人なスフレカステラ「はく菓」、赤毛米の米粉を混ぜ込んだクッキーなどをお届け。グルテンが少ないことからギルティフリーで味わうことができる逸品です。

内容
・きたひろ まいピーロール 1本
・はく菓 4個
・赤毛米粉の焼き菓子各種 4~6個

提供元
株式会社 安寿真

開発ストーリー~東急グループがこのお礼品に込めた想い~

北海道米のルーツ・赤毛米の希少な味を、全国へ。 現代に受け継がれる、ふるさとの誇り

稲作不毛の地を、可能の地にした、一人の男の情熱

稲作不毛の地を、可能の地にした、一人の男の情熱

いまや北海道を代表するお米となった「ゆめぴりか」と「ななつぼし」。その先祖と言われるお米が「赤毛米」です。1873年、月寒村島松(現・北広島市島松)に入植した中山久蔵は、寒さに強いと言われる赤毛種を用いて、お米の栽培に成功。その苦労は尋常ではなく、風呂の湯を昼夜、苗代に流し込み、川の水を温めて田んぼに引き入れるなど、多くの工夫を重ねました。また久蔵は、農民に種もみを無償で配るなど、稲作の普及にも力を入れました。寒冷な北海道では不可能と言われていた稲作を、可能に変えた久蔵。日本に誇る北海道米の歴史は、ここからスタートしたのです。

赤毛米の米粉や赤毛米酒からとった酒粕を使用したオリジナルの商品

赤毛米の米粉や赤毛米酒からとった酒粕を使用したオリジナルの商品

北海道米の原点の赤毛米のすばらしさを伝え、残していきたいとの想いから、北広島商工会は、近年「きたひろしま開拓プロジェクト委員会」を設立。市内の事業者協力のもと、米粉や酒粕を使用した商品開発に力を入れています。今回は、そのなかで生まれた赤毛米のオリジナル商品の一部をふるさと納税のお礼品として提供。今もなお語り継がれる赤毛米の歴史や北広島の人びとの想いをほんの少しでも感じていただきながら、ご家庭でその味をご堪能ください。

赤毛米は北広島だけではなく、北海道の財産

赤毛米は北広島だけではなく、北海道の財産

「北広島商工会では、2014年から赤毛米の復活栽培と商品開発に取り組んでいます。自分の役目は、赤毛米や商品のつくり手さんをサポートすること」と話す商工会の工藤さん。その言葉通り、生産者や商品を製造している店舗に足繁く通い、収穫を手伝ったり、相談に乗ったりしています。「今年は赤毛米の作付面積が2倍に増えます。赤毛米は稲の長い毛が機械に挟まりやすく、収穫に手間がかかっていたのですが、実験を重ねた結果、機械の調整で収穫がうまくいくメドがたちました。原材料が増えれば、製造量も増やせるし、新たな可能性も広がる。赤毛米は北広島だけではなく、北海道の財産。歴史も含めて、赤毛米の素晴らしさを広めていきたいですね」。

プロフィール

プロフィール

北広島商工会 工藤功治さん。長万部町、札幌市、白老町、斜里町の商工会を経て、2015年2月から北広島商工会勤務し、赤毛米商品の開発に携わる。「つくるひとに赤毛米をいいものと思ってほしい。食べたひとにおいしいと言ってほしい」という思いを胸に、赤毛米の普及と認知度向上のために奔走中。

このお礼品を提供する自治体

北海道 北広島市

ほっかいどう きたひろしまし

北広島市は、札幌市と新千歳空港の間に広がるなだらかな丘陵地帯にあり、自然と都市機能が調和した住みよいまちです。
札幌まで鉄道で16分、新千歳空港まで約20分、自動車でも北海道内各地にアクセスしやすい位置にある一方、樹木や花々が四季を彩り、アオサギやエゾリスなどの野鳥や小動物がすむ自然豊かなまちです。
面積119.05平方キロメートル、6万人弱が暮らす本市は、明治17年に広島県人25戸103人が一村創建を目指して原始の森に開拓の鍬を入れ、今日の基礎が築かれたことに始まります。
古くから交通の要衝で、クラーク博士がBoys, be ambitious(青年よ、大志をいだけ)の名言を残し、学生たちと別れた地でもあります。