ID:005-104
寄附金額
16,000

お礼品情報

国産の栗餡に栗の渋皮煮を丸ごとのせ、黒糖羊羹を上掛けし作り上げた栗を思う存分味わえる豪華な一品の「栗利久」。
和栗ならではの豊かな風味と味わいをご堪能頂ける「ふわふわ栗スフレ」は、名前のとおりふわふわでそのままでもおいしくお召し上がり頂けますし、電子レンジで少し温めると出来たての食感が楽しめます。
また「栗のクレームブリュレ」はたっぷりの生クリームと宮崎県内産の新鮮な卵黄を使用しじっくりと焼き上げました。
ブリュレの滑らかな口あたりとカップの底に敷き詰められた栗の甘露煮の旨みと風味を味わっていただけます。
「栗菓子処日向利久庵」の贅沢な栗の和洋菓子セットをお楽しみください。

提供:(株)日向利久庵
http://www.hyugarikyuan.co.jp

容量
栗利久(210g)×1本
ふわふわ栗スフレ(70g)×4個
栗のクレームブリュレ(90g)×3個
解凍後は賞味期限に関わらず、お早めにお召し上がりください。
【アレルギー表示】乳、小麦、卵
賞味期限
賞味期限:栗利久:90日
ブリュレ・栗スフレ:60日
配送
冷凍
提供元
株式会社日向利久庵
宮崎県 美郷町

みやざきけん みさとちょう

本町は、東臼杵南部地域にある3村(旧南郷村、旧西郷村、旧北郷村が対等合併として、平成18年1月1日に誕生した町です。

 旧村は、ともに明治22年の町村制施行により、南郷村は上渡川村、中渡川村、鬼神野村、神門村、水清谷村の五村が合併して、その後昭和23年には西郷村の一部(大字山三ヶ又江・安蔵)を南郷村に編入しています。西郷村は山三ヶ村、小原村、田代村、立石村の四村が合併して、北郷村は宇納間村、入下村、黒木村の三村が合併して発足しています。旧村とも116年の長い歴史を築いてきましたが、平成17年2月22日合併協定調印後、同年7月11日に廃置分合に関して宮崎県議会において可決され、同年9月2日付け官報に総務大臣の告示がなされました。

 東臼杵郡南部にある本町は、宮崎県の北部に位置し、北は日之影町、延岡市、東は門川町、日向市、南は西都市、木城町、西は諸塚村、椎葉村に接し中央部には耳川が貫流し、北側には五十鈴川、南側には小丸川が流れ、これら河川の上流域に位置しています。

 面積は県土の約6%の、44,884haであり、その約92%が山林です。

 美郷町の観光スポット

 美郷町HPに記載してあるとおりです。以下のURLより参考ください。

 URL:http://www.town.miyazaki-misato.lg.jp/2441.htm

 <南郷地区>

 ・西の正倉院 ・百済の館 ・恋人の丘 ・溶岩渓谷 ・白水の滝 ・かいごん塔

 <西郷地区>

 ・石峠レイクランド ・おせりの滝 ・観音滝 ・河川プール開き ・民話伝承館

 <北郷地区>

 ・中小屋天文台 ・あじさいロード ・市木地蔵 ・もみじ林道 ・宇納間地蔵尊 ・舟方轟