ID:G100
  • G100 【期間限定】さの缶スイーツ 8缶セット ※2022年4月上旬以降、申込順に発送予定
  • G100 【期間限定】さの缶スイーツ 8缶セット ※2022年4月上旬以降、申込順に発送予定
寄付金額
10,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

申込期日
2022年03月31日(木)まで
発送期日
2022年4月上旬以降、申込順に発送予定

【配送について】
※ギフト・のしをご希望の際は(1)形態 (2)種類 (3)表書き (4)お名前の4項目を必ず備考に記入してください
(1) [a内のし;b外のし;c包装のみ]
(2)[d蝶結び;e結切り]それぞれ記入してください
(3)(4)の記入がない場合は「無地のし」となります。
配送
  • 常温

返礼品情報

この返礼品を選ぶと使途は自動的に【さの缶タパス&スイーツ創出プロジェクト】となります。

「さの缶スイーツ」は缶詰でありながらどこまで本格的なスイーツを追及できるか?というテーマから始まり、作るべき製品の選別、製造の目途をつける試作の段階に至るまでとても苦しみました。現在ようやく皆様にご提供し、およろこびいただける水準にまで達したと考えております。「さの缶スイーツ」を便利な缶詰として色んな場所にお連れいただき召し上がっていただければ幸いです。

■ナッツガトーショコラ
レアで濃厚なチョコレートのうえにクルミをトッピングした一品です。クルミの風味とチョコレートたっぷりのベース生地とが素晴らしいハーモニーを奏でます。

■ミックスベリーのガトーショコラ
レアで濃厚なチョコレートの風味をそのまま生かしたお菓子です。トッピングとしてブルーベリーとクランベリーを使用。濃厚なチョコと甘酸っぱいドライフルーツのアクセントとがすばらしくマッチしています。

■チーズケーキチーズ
ケーキも濃淡色々ありますが、こちらはややあっさりめのチーズケーキ。なのでどなたのお好みにもぴったり。お供も日本茶、コーヒー、紅茶どんなお茶でもOKです。

■抹茶チーズケーキ
抹茶の香りが口いっぱいに広がりチーズと心地よいハーモニーを奏でる一品です。上品な甘さをいつでもお手軽にお召し上がりください。

■チョコチーズケーキ
チョコレートの風味が香るややあっさりとしたチーズケーキです。コーヒーがベストマッチですが、日本茶、紅茶でも十分お愉しみいただけます。

■白玉あずき
和のスイーツでこれ以上の組み合わせってありますでしょうか?あずきと白玉。もはや説明不要のベストマッチ、永遠の定番、想像通りのおいしさです。迷わずお試し下さい。

■白玉ずんだあん
独特の舌触りとやさしい香りと甘さが特徴であるずんだ餡。一度食べれば虜になるその美味しさがお手軽に缶詰めで登場です。

■白玉芋あん
お芋好きなら外せないこの一品。いつでも手元においてほっこり幸せ感じて下さい。

・ナッツガトーショコラ:チョコレート、卵(ベトナム、日本)、バター、クルミ(一部に小麦、大豆、玉子、乳成分を含む)
・ミックスベリーガトーショコラ:チョコレート、卵(ベトナム、日本)、バター、クランベリー、ブルーベリー(一部に小麦、大豆、玉子、乳成分を含む)                                  ・チーズケーキ:小麦粉、卵(米国、日本)、牛乳、ナチュラルチーズ、バター、レモン(一部に小麦、玉子、乳成分を含む)
・抹茶チーズケーキ:小麦粉、卵(米国、日本)、牛乳、ナチュラルチーズ、バター、レモン、抹茶、ゼラチン、植物油脂(一部に小麦、玉子、乳成分、ゼラチン、大豆を含む)
・チョコチーズケーキ:小麦粉、卵(米国、日本)牛乳、ナチュラルチーズ、チョコレート、バター(一部に小麦、大豆、玉子、乳成分を含む)
・白玉あずき:あずき(日本)、砂糖、もち米、大豆粉(一部に大豆を含む)
・白玉ずんだ:枝豆(中国)、砂糖、もち米、もち米、大豆粉(一部に大豆を含む)
・白玉芋あん:サツマイモ(日本)、砂糖、もち米、もち米、大豆粉(一部に大豆を含む)

内容
さの缶スイーツ 80〜90g×8缶  
※画像はイメージです。
提供元
(株)菜’S
期限
発送日から360日間

この返礼品を提供する自治体

大阪府 泉佐野市

おおさかふ いずみさのし

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあるまちです。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。
名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。
昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。
平成6年9月に開港した関空によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。