ID:L017
  • [L017] 能登上布万筋柄スカーフ【橙】 [RAMIE EPOCH]
  • [L017] 能登上布万筋柄スカーフ【橙】 [RAMIE EPOCH]
  • [L017] 能登上布万筋柄スカーフ【橙】 [RAMIE EPOCH]
  • [L017] 能登上布万筋柄スカーフ【橙】 [RAMIE EPOCH]
  • [L017] 能登上布万筋柄スカーフ【橙】 [RAMIE EPOCH]
  • [L017] 能登上布万筋柄スカーフ【橙】 [RAMIE EPOCH]
寄付金額
40,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

返礼品情報

神代から伝わる夏着物 能登上布の着物柄を応用したモダンな縞柄、職人の手織技術から生まれる素材感など伝統技を気軽に楽しみながら、麻の涼感や透け感、シャリ感、吸汗性、光沢感、手揉み洗いによるソフトな感触を実感できる日常づかいの上質なスカーフです。
バックル付なので簡単にコーディネートを楽しめます。

内容
能登上布スカーフ1枚
日本製(石川県羽咋市)
サイズ:長さ100×幅43cm(バックル付)
提供元
山崎麻織物工房

この返礼品を提供する自治体

石川県 羽咋市

いしかわけん はくいし

羽咋市(はくいし)は、日本で初めて世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」の石川県・能登半島の付け根部分に位置します。

「羽咋(はくい)」という名前は、神話に由来し、遠い昔、この地域に出現していた”怪鳥”を磐衝別命(いわつくわけのみこと)という皇子が3匹の犬とともに退治。犬が怪鳥の『羽を喰った』ことから、「羽咋(はくい)」という地名が誕生しました。

現在でも、神話にゆかりのある遺跡(古墳)が残されているほか、相撲を好んだ命(みこと)の命日には、「水なし、塩なし、待ったなし」の古式にのっとった二千年の歴史を持つ『唐戸山神事相撲』が毎年開催されています。そのほかにも、古くからの歴史を持つ文化財や勇壮な祭りなど古くからの歴史が息づく場所です。
また、トリップアドバイザー2016で日本のビーチランキング1位にも選ばれた【千里浜なぎさドライブウェイ】は、日本国内ではここだけの全長8kmの海岸線の砂浜を自動車等で走行できる貴重な場所です。
近年では、JA・市・移住者らが一緒になって、安全安心な食の生産地を目指して【無農薬】【無肥料】【無除草剤】による自然栽培農業に取り組んでいます。