ID:099Z033
  • 099Z033 満足お肉のボリューム定期便 全4回 お楽しみ【2か月に1回配送コース】
  • 099Z033 満足お肉のボリューム定期便 全4回 お楽しみ【2か月に1回配送コース】
  • 099Z033 満足お肉のボリューム定期便 全4回 お楽しみ【2か月に1回配送コース】
  • 099Z033 満足お肉のボリューム定期便 全4回 お楽しみ【2か月に1回配送コース】
寄付金額
50,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
入金確認の翌月より2か月に1回配送
※配送日・配送月の指定・変更は承れません。
※品質保持のため、宅配ボックスへの配達やご要望はお受けできません。
配送
  • 冷凍

返礼品情報

満足お肉のボリューム定期便 (4か月コース)
2か月に1回配送、合計4回!満足間違いなしのお肉をお届けします!

■1回目:氷温(R)熟成豚 国産豚4種セット 合計 3.1kg
氷温技術で熟成させた氷温熟成豚。手間ひまをかけ旨味を引き出した熟成豚です。全部で3.1kg!小分け包装にこだわって、お届けします。ご家庭のいろいろなお料理に大活躍間違いなし。是非、氷温熟成豚をご賞味ください。
提供:株式会社丸善食品

■2回目:国産牛肉100%!ハンバーグ 1.2kg
国産牛肉の成形の際に出来る切り落としを贅沢に100%使用した【無添加、無着色】のビーフハンバーグステーキです。個別包装で超便利!肉本来の旨味が溢れ、玉ねぎも食感を残した粗みじんで仕上げております。素材の味がわかるようにシンプルな味付けで、色々なソースとの相性も抜群です!※ソースは付属しておりません。
提供:株式会社ながた

■3回目:熟成黒毛和牛の特選ローストビーフ 合計450g
黒毛和牛モモ肉の細胞内水分に微弱電気エネルギーを働きかける独自の方法でじっくり熟成させ、自家製ダレで味付けした塊肉を高温で焼き付けることで肉の旨味を残しつつ表面は香ばしく中身はニンニクダレが全体にしみこんだ極上の味わいです。ステーキを極めた一品でお子様からご年配の方まで美味しく食べていただけます!
提供:いちよしエンタープライズ株式会社

■4回目:秘伝の塩だれ漬け豚トロ 焼肉用 合計1.2kg
泉佐野市で焼肉食べ放題を創業して40年。地域のお客様に愛され親しまれたバイキング左近の「秘伝の塩だれ」で漬けこんだ「豚トロ塩たれ漬焼肉」です。職人が手切りする豚トロを丁寧に塩たれと混ぜ合わせて漬け込んだ伝統の逸品は、ご飯がすすむ味付けです。バイキング左近だからできるこのボリュームでお届けします!豚トロとは頬から首のお肉で、一頭から少量しか取ることのできない希少部位です。赤身はしっかりした歯ごたえ、旨味たっぷりの脂身は意外にあっさりとした味わいです。
提供:元気商店

■1回目:氷温(R)熟成豚 国産豚4種セット 合計 3.1kg
国産豚(宮崎県、鹿児島県、その他)
熟成地:泉佐野市

■2回目:国産牛肉100%!ハンバーグ 1.2kg
原材料:牛肉(国産)、玉ねぎ(大阪産)、全卵(大阪産)、パン粉、牛乳、醤油、塩、コショウ
加工地:泉佐野市

■3回目:熟成黒毛和牛の特選ローストビーフ 合計450g
国産黒毛和牛
熟成地:泉佐野市

■4回目:秘伝の塩だれ漬け豚トロ 焼肉用 合計1.2kg
豚トロ(アメリカ・カナダ・メキシコ)
加工地:泉佐野市

内容
[1回目]氷温(R)熟成豚 国産豚4種セット 合計 3.1kg(大満足 10パック)
[2回目]国産牛肉100%!ハンバーグ 1.2kg(150g×8個)
[3回目]熟成黒毛和牛の特選ローストビーフ 合計450g(2ブロック入り)
[4回目]秘伝の塩だれ漬け豚トロ 焼肉用 合計1.2kg(300g×4パック)
※画像はイメージです。
※掲載しているセット内容は、季節等の都合により仕様変更(規格、容量、パッケージ、原材料など)
 または同類相当の商品に変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
提供元
厳選!泉佐野セレクト
期限
■1回目:氷温(R)熟成豚 国産豚4種セット 合計 3.1kg
賞味期限:発送日から30日間(冷凍配送)

■2回目:国産牛肉100%!ハンバーグ 1.2kg
賞味期限:発送日から180日間(冷凍配送)

■3回目:熟成黒毛和牛の特選ローストビーフ 合計450g
賞味期限:発送日から30日間(冷凍配送)

■4回目:秘伝の塩だれ漬け豚トロ 焼肉用 合計1.2kg
賞味期限:発送日から60日間(冷凍配送)

この返礼品を提供する自治体

大阪府 泉佐野市

おおさかふ いずみさのし

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあるまちです。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。
名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。
昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。
平成6年9月に開港した関空によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。