ID:147801
  • わっぱ 弁当箱 中 一段 漆器 うるし 木製 ランチボックス 鷹休漆器店
  • わっぱ 弁当箱 中 一段 漆器 うるし 木製 ランチボックス 鷹休漆器店
  • わっぱ 弁当箱 中 一段 漆器 うるし 木製 ランチボックス 鷹休漆器店
  • わっぱ 弁当箱 中 一段 漆器 うるし 木製 ランチボックス 鷹休漆器店
  • わっぱ 弁当箱 中 一段 漆器 うるし 木製 ランチボックス 鷹休漆器店
  • わっぱ 弁当箱 中 一段 漆器 うるし 木製 ランチボックス 鷹休漆器店
  • 56170049_01_web.jpg
  • 56170049_02_web.jpg
  • 56170049_03_web.jpg
  • 56170049_04_web.jpg
  • 56170049_05_web.jpg
  • 56170049_06_web.jpg
  • 56170049_07_web.jpg
寄付金額
16,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

配送
  • 常温

返礼品情報

ちょうど良いサイズのわっぱ弁当箱は自由に詰めれます!可愛いお弁当をSNS等でも多く発信されています。「I型の仕切付き」なのでおかずの仕分けができ、取り外しも可能なので洗いやすく衛生的です。お弁当箱としてだけでなく、和のお膳でお使いいただいても素敵です。

魚津漆器は、『堅牢・安価・実用的』を特徴に日常雑器を中心に製作されていました。大正初期には一躍、全国的に知られるような商品が多く製作され、魚津の一大産業までに発展。しかし、昭和期に入ると戦争・魚津大火などの厳しい時代の流れや変化もあり、衰退の一途をたどります。今では、鷹休漆器店(大正10年開業)一軒だけが古くから伝わる魚津漆器の伝統と想いを受け継ぎ、真心込めて日々製作に励んでいます。
現在では、伝統を守りながら商品の幅を広げ、普段の生活に合った商品・オリジナル商品なども製作しています。近年、見直され始めた和食器である漆器をアレンジした使用法などを提案しながら、多くの『美しく使いやすい漆器・遊び心のある漆器』をお勧めしています。

◎平成28年度『伝統的工芸品産業大賞 作り手部門 功労賞』受賞◎

内容
わっぱ弁当箱 中 摺漆塗り 1個
サイズ(約):170mm×110mm×55mm
材質:木製、漆
製法:漆塗り、手塗り
入数:1個

【お申込み前にご一読ください】
~商品をより末永くお使いしていただく為に~
・食器用洗剤以外での洗剤は使用しないでください。(洗剤は規定濃度以内での使用)
・漂白剤は使用しないでください。
・洗う時には手洗い・柔らかいスポンジ等を使用し、ステンレス製たわし・磨き粉等は使用しないでください。
・床などに落とすなど強い衝撃を与えないでください。
・直火・電子レンジ・食器乾燥機・オーブン等では使用できません。
・過剰な重さがかかる状態では使用しないでください。
提供元
鷹休漆器店
注意事項/その他
※画像はイメージです。
※製品の色、柄、寸法は手作業や自然素材を使用している事もあり、写真やサイズ表記と多少の違いが生じる場合があります。予めご了承のうえ、お申込みください。
※天然素材を使用しているため、急激な温度変化や乾燥、高温、湿気にはご注意ください。反りや変形などの発生原因となる場合があります。
※漆は丈夫と言われておりますが、ぶつかったり落としたりなど強い衝撃を与えるとへこみや割れ、剥がれの原因となります。取り扱いにはご注意ください。
※商品コード: 56170049

この返礼品を提供する自治体

富山県 魚津市

とやまけん うおづし

古くから豊富な水に恵まれた、豊かな大地として有名でした。
山からの清らかな雪解け水は、川や伏流水となってさまざまな農作物を育み、富山湾は美味しい魚の宝庫となっています。
特産品はほたるいか、カニ、かまぼこ、昆布じめ、果物、漆器など。

■魚津の水循環
魚津市は、海抜0mから標高2400m以上の山岳地帯までが、奥行きわずか約25kmに収まる大変急峻な地形から成り立っています。
この地形は海中まで続き、水深1000mにまで達します。この高低差3400mの地形の中を、川や伏流水(地下水)といったさまざまな経路で海(富山湾)に流れ出ています。
富山湾の海水は、蒸発して雲となり、毛勝三山や僧ヶ岳などに雨や雪となって降り注ぎ、また海へと戻っていきます。 
魚津市は、このような水の循環システムがひとつのまちで完結し、その循環を一目で見渡せる世界的にも稀な地形をしています。このような特性を「魚津の水循環」と呼んでいます。