ID:01028
  • 【12月3日締切・12月30日お届け】三笠高校生が考案した「まごころ込めた?青春?おせち」2段重(2−3名様用)<寄附使途指定>【01028】
  • 【12月3日締切・12月30日お届け】三笠高校生が考案した「まごころ込めた?青春?おせち」2段重(2−3名様用)<寄附使途指定>【01028】
  • 【12月3日締切・12月30日お届け】三笠高校生が考案した「まごころ込めた?青春?おせち」2段重(2−3名様用)<寄附使途指定>【01028】
寄付金額
75,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
2021年12月30日(木)限定(配送日・時間の指定はできません)
※盛り付け済みを冷凍でお届け
※配送日・時間の指定はできません。
※配送状況により、前後することもございますが、ご了承ください。
※配送不可地域:沖縄、その他離島・諸島
配送
  • 冷凍

返礼品情報

【返礼品説明】

北海道三笠高等学校の調理部では年末に家族に向けて感謝とまごころを込めておせちを作ります。

の昔ながらの正統派おせちを再現。解凍後、微妙に変化する味や食感をオリジナルの味に近づける調整を生徒さんが監修し、具現化いたしました。

料理に青春をかける高校生の本格的おせち料理をぜひご賞味ください。


【生産者の声】

三笠市をはじめ北海道の良質な食材を使用した高校生レストラン「まごころきっちん」。

高校生が調理から接客までの店舗運営の全てを実践的に取り組んでいます。

高校生の元気と笑顔、まごころ込めた料理を楽しみに、是非とも三笠市へお越しください。


【申込締切日】
2021年12月3日(金)


【お届け日】2021年12月30日(木)限定(配送日・時間の指定はできません)
【宅配方法】盛り付け済みを冷凍でお届けします。



製造業者:株式会社北武フーズ
提供事業者:東武トップツアーズ(株)札幌支店

内容
■お品書き(全28品)

<壱の重>

黒豆蜜煮、紅白千代結び、たたき牛蒡、紅白かまぼこ、数の子白醤油漬、伊達巻、鰊の昆布巻、スモークサーモン、栗きんとん、海老旨煮、青梅の蜜煮、林檎羹



<弐の重>

紅白なます、牡蠣の時雨煮、帆立と細竹の旨煮笹巻、干し椎茸旨煮、蓮根含め煮、人参含め煮、松麩、鶏の信田巻き、蛸やわから煮、海老団子の飯蒸し、鯛の西京焼、鰤の柚庵焼、花蓮根甘酢漬け、八幡巻き、蓮根の金平、鮭の南蛮漬け



■お重サイズ:内寸 縦18.7cm×横18.7cm×高さ3.8cm×2段

■重箱材質:木製
提供元
三笠市観光協会
期限
2022年1月31日(冷凍)
解凍後は賞味期限に限らずお早めにお召し上がりください
注意事項/その他
【注意事項】

※仕入状況により料理内容が掲載のものと異なる場合があります。

※配送日・時間の指定はできません。受注生産のため、取り消しはお受けできません。また、一部配送できない地域もございます。(配達不可能地区:沖縄、その他離島・諸島)あらかじめご了承ください。

<使途限定>

使い道につきましては、三笠高校生レストランの運営事業費として使わせて頂きます。


※お申込み画面で、他の使い道を選択された場合につきましても、

三笠高校生レストランの運営事業費として使わせて頂きます。



三笠高校生レストランへの応援として、ご理解を賜ります様お願いいたします。


この返礼品を提供する自治体

北海道 三笠市

ほっかいどう みかさし

三笠市は空知地方の南部、北海道のほぼ中央に位置しています。
豊かな森と湖に恵まれ、道央主要都市に近い良好な環境を持つ三笠市は、北海道の石炭と鉄道の発祥の地として栄えた歴史あるまちでもあります。

また、「エゾミカサリュウ」「アンモナイト」をはじめとした多くの化石を産する、地質学的にも重要な地域と言われ、平成25年9月には『日本ジオパーク』の一つに認定されております。
三笠ジオパークでは、アンモナイトが海を泳いでいた太古から炭鉱まちとして栄えた現在まで、一億年時間旅行を気軽に楽しむことができます。

そして、現在は「日本一安心して誰もが住み続けたいまち」を掲げて、移住定住・子育て支援策に力を入れるなど、魅力、活気あふれるまちです。

北海道立の三笠高等学校が閉校し、平成24年4月に全国では数少ない食物調理科の高校として市立高等学校が開校しました。
将来の「食」のスペシャリストを目指して調理師などの育成に特化したカリキュラムとなっており、これまで、各種料理大会に出場し、全国優勝や数々の入賞を果たしています。
その生徒たちが運営する三笠高校生レストランが平成30年7月22日にオープンいたしました。

三笠の盆踊りは無形文化として北海道遺産にも登録されています。
伝統的にも三層に高く組まれた櫓(やぐら)、その周りを幾重にも囲んで踊る様子は壮観。誰でもその輪に入ることが出来ます。
例年8月13日~15日に行われる北海盆踊り大会の最終日には納涼花火大会も開催。約600発の花火を櫓越しに眺めることができます。