ID:R263
  • [R263] oxtos 焚き火ヘキサタープセット OX-087
  • [R263] oxtos 焚き火ヘキサタープセット OX-087
  • [R263] oxtos 焚き火ヘキサタープセット OX-087
  • [R263] oxtos 焚き火ヘキサタープセット OX-087
  • [R263] oxtos 焚き火ヘキサタープセット OX-087
  • [R263] oxtos 焚き火ヘキサタープセット OX-087
  • [R263] oxtos 焚き火ヘキサタープセット OX-087
寄付金額
147,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

発送期日
入金確認後、1か月程度での発送となります。
配送
  • 常温

返礼品情報

登山用品メーカーのオクトスからキャンプ向けの「焚き火ヘキサタープ」が新登場。

自社縫製工場(日本)で長年登山用品を作り続けてきた熟練の職人が1つ1つ丁寧に仕上げております。


当製品は、焚き火の火の粉でタープを焦がしてしまう心配を払拭してくれる焚き火の守護神です。

生地には、難燃素材(アラミド繊維)を使用し、防炎加工生地(防炎加工コットン等)よりも優れた生地を使用しておりますので、
焚き火時には必須のアイテムです。


○商品仕様
【素 材】
<タープ>
ポリエステル96%、アラミド繊維4%
糸使い : 75d×40S
加工種 : 染、撥水、アクリルコーティング
目付 : 121g/sqm

<ポール>
ジュラルミン(#7001)

<張り綱>
ナイロン


【サイズ】
<タープ>
298×267×194cm

<ポール>
フロント : 最大長 151cm (最小131cm~最大151cm)
リア : 最大長 259cm (最小209cm~最大259cm)
※先端のシルバー部分(5cm)は含まない長さです。

<張り綱>
5m×2本
2.5m×4本


【収納サイズ】
<タープ>
30×20×5cm

<ポール>
80×8.5×4cm


【平均重量】
<タープ>
965g

<収納袋>
タープ収納袋 : 28g
ポール収納袋 : 29g

<延長テープ(2本)>
93g


【付属品】
ポール2本、張り綱×6(5m×2、2.5m×4)、収納袋、延長テープ×2(1.5m×1、4.5m×1)

【生産国】
日本


※当キットにはペグは付属しておりません。
また、陣幕設営としてお使いの場合、アイレット箇所の直径は「9.3φ」ですので、
アイレットに直接ペグダウンされる際は、「9.3φ未満」のペグをお使いください。

※設営例のテント、タープ(アウタータープ)、ペグ、その他キャンプ道具は
付属品ではございません。


<生地について>
当製品は、通常生地の表といわれる面をタープ内側に向けております。
生地裏面には防水加工(アクリルコーティング)が施されており、難燃・耐熱性能はありません。
その為、敢えてこのような作りになっております。
※設営時は「oxtosタグ」が外側にくるように設営してください。


<耐水・防水について>
当製品の生地は、難燃素材を使用している分、他のタープと比べて耐水・防水性能が劣ります。
傘程度の耐水・防水性能はございますが、降雨時の単体使用はお勧めできません。
また、当生地にはシームテープ処理を施すことが出来ませんので、
縫い目のシームテープ処理は行っておりません。


当製品は、ユーザーにさまざまなスタイルでキャンプライフをお楽しみいただく為、
5WAYのスタイルで設営が可能となっております。

1.スタンダードなタープ設営。(ポール(2本)+張り綱)

2.ソロキャンプ向け設営。(ポール(1本)+ペグダウン+張り綱)

3.インナータープとして設営。(延長テープ(付属)+張り綱)

4.フロントタープとして設営。(ポール(1本)+張り綱)

5.陣幕として設営。(ペグダウン+張り綱)


○提供事業者
株式会社 オクトス
住  所:石川県羽咋市川原町チ121-1
電  話:0767-22-8448
営業時間:09:00~18:00
定休日 :土・日・祝日

内容
ポール2本、張り綱×6(5m×2、2.5m×4)、収納袋、延長テープ×2(1.5m×1、4.5m×1)
提供元
株式会社オクトス

この返礼品を提供する自治体

石川県 羽咋市

いしかわけん はくいし

羽咋市(はくいし)は、日本で初めて世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」の石川県・能登半島の付け根部分に位置します。

「羽咋(はくい)」という名前は、神話に由来し、遠い昔、この地域に出現していた”怪鳥”を磐衝別命(いわつくわけのみこと)という皇子が3匹の犬とともに退治。犬が怪鳥の『羽を喰った』ことから、「羽咋(はくい)」という地名が誕生しました。

現在でも、神話にゆかりのある遺跡(古墳)が残されているほか、相撲を好んだ命(みこと)の命日には、「水なし、塩なし、待ったなし」の古式にのっとった二千年の歴史を持つ『唐戸山神事相撲』が毎年開催されています。そのほかにも、古くからの歴史を持つ文化財や勇壮な祭りなど古くからの歴史が息づく場所です。
また、トリップアドバイザー2016で日本のビーチランキング1位にも選ばれた【千里浜なぎさドライブウェイ】は、日本国内ではここだけの全長8kmの海岸線の砂浜を自動車等で走行できる貴重な場所です。
近年では、JA・市・移住者らが一緒になって、安全安心な食の生産地を目指して【無農薬】【無肥料】【無除草剤】による自然栽培農業に取り組んでいます。