ID:金蒔絵の漆ビーズと淡水パールのネックレス
  • 金蒔絵の漆ビーズと淡水パールのネックレス
寄附金額
118,000
  • お気に入りに追加するにはログインが必要です。

お申し込みについて

配送
  • 常温

お礼品情報

ネックレスの中心には花模様の金蒔絵をほどこした直径17mmの漆塗マホガニービーズ。
チェーンには淡水パールを使用しており、その間に直径13mmのうるみ色のビーズがあしらわれています。
身に着けやすい金メッキの磁器クラスプとなっています。
ネックレスの長さは44cmです。

内容
長さ:44cm
金蒔絵ビーズ:直径17mm
漆塗ビーズ:直径13mm
提供元
スザーン・ロス

このお礼品を提供する自治体

石川県 輪島市

いしかわけん わじまし

能登半島の北西にある輪島市は、豊かな緑と海に囲まれた人口約3万人の町です。鎌倉時代の半ば、1321年に曹洞宗の初祖「道元禅師」から四代目にあたる「瑩山(けいざん)禅師」により「總持寺」が開かれ、江戸中期(1680年代)~明治30年代には、大坂(大阪)と蝦夷地を結ぶ日本海航路に就航した廻船「北前船」の親の湊と呼ばれ海上交通の要衝として栄えました。日本が世界に誇る伝統工芸「輪島塗」は江戸時代前期の寛文年間(1661年~1673年)に現在のような技術が確立され、陸路での行商や北前船の海運の利を活かして盛んになりました。
また、「平家にあらずんば人にあらず」で知られる武将・平大納言時忠の子と呼ばれる平時国の末裔が江戸時代に28年の歳月をかけて建造した上時国家住宅は国指定重要文化財(建造物)に指定されています。
現在、「漆の里」「禅の里」「平家の里」の3つの里構想を中心に、市の魅力を発信しています。